外見も変えてしまう口呼吸をチェックシートでセルフ判断

週刊女性自身に口呼吸の話題が載りましたので紹介いたします。

元記事はこちらをご覧下さい(リンクが切れている可能性があります)。

ヤフーニュース配信

画像はヤフーニュースから

女性自身の記事はこちら

口呼吸は体の機能どころか、形まで変えてしまうんです。

姿勢や顔の形まで、、、、。ちょっとした呼吸の違いで体が変わるなんて不思議ですね。

呼吸は毎日2万回しています。正しく呼吸するか間違って呼吸するかはあなたの体を徐々にそして確実に変えていくんですよ。

そしてほとんどの人が「私だけは大丈夫」と思っています。それが危ない!だからチェックシートでセルフ判断が必要になってきます。

外見も変えてしまう口呼吸をチェックシートでセルフ判断

昔の本の挿絵に描かれている慢性口呼吸状態の女性です。口呼吸によってどんな変化が起こっているでしょうか。

出っ歯、口角が下がる、ほうれい線が深くなる、シワが増える、アゴが垂れるなどなど。

普段から口を開けているって自分では気がつくことがないんです。

この様な顔の特徴があってもまさかそれが口呼吸によるものとは思いませんよね。

だから怖いんです。口呼吸は、今すぐあなたの体を壊すのではなくて、徐々に変化させていくんです。

だから気がつきにくいんです。だから背セルフチェックが必要になります。

あなたの口呼吸チェック!

これらの質問にいくつチェックマークが付きますか?

□口を閉じたとき、あごに梅干しのような膨らみとしわができる
□くちびるがいつも乾いている
□朝、起きたときに喉がヒリヒリと痛む
□睡眠中、いびきや歯ぎしりがある
□口臭が気になる
□激しい運動をしている
□食事中に頻繁に水やお茶を飲む
□左右の目の大きさが異なる
□舌の側面に歯形がついている
□二重あごである

さぁいかがでしたか。チェックされた個数であなたの口呼吸状態を見て下さい。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─

<0~2個>正常:そのまま快適な鼻呼吸ライフを送って下さい。
<3~4個>ときどき口呼吸になっている可能性が高い:気を付けないと口呼吸になりますよ
<5~6個>かなりの頻度で口呼吸になっている:もうすでに色々な病気、症状が始まっているかも?
<7個以上>ほぼ100%口呼吸になっている:立派な慢性口呼吸状態、いますぐ改善が必要です。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─

口呼吸を鼻呼吸に変えていくには?

体を悪くしていく習慣、口呼吸。

これを改善していくためには何が必要かというと、あいうべ体操

ではないんです。

まず、自分が口呼吸人間であることを自覚することなのです。

慢性鼻炎や花粉症、副鼻腔炎を持っている方は口呼吸状態を自覚しやすいのですが、それ以外の病気や症状の場合は「私は鼻呼吸」と勘違いしやすいものです。

外来診療でも、多くの方が「私は大丈夫」と根拠の無い自信を持っています。

これが一番危ないのです。

自分が口呼吸人間だと自覚できた時からがスタートです。

ぜひ一度セルフチェックして下さいね。

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram