場所を選ばす加圧トレーニングができる加圧サイクル2.0

Featured Video Play Icon

こんにちは、加圧トレーニング指導者歴15年ほどのみらいクリニック院長の今井です。

思えば結構長く取り組んできました。最初は関節リウマチの患者さんの筋力をどのようにして保たせる、増強させることができるのかというところから始まりました。初期の加圧マスターから始まって筋力アップクン、加圧マスターミニなどいろいろな機器を使ってきました。

そしてついに登場したのが加圧サイクル2.0(加圧ウエアラブルというまだ小さい麻疹の登場も控えていますが)です。これは全米の退役軍人病院にリハビリ器具として導入されるほどの実力を持っています。みらいクリニックでも2020年1月からこの加圧サイクルを使用し始めましたが、その圧倒的な機動力と手軽さに驚いています。

 

今回は飛行機の中で加圧サイクルを使ってきたのでちょっとご報告しますね。

加圧サイクルとは、加圧トレーニングをより手軽に行える機器で、加圧と除圧を繰り返すプログラムが内蔵されています。

※加圧サイクル2.0に関してはこちらをご覧下さい(PDFです)

 

いわばHIIT(高強度インターバルトレーニング)をマシンでやっちゃおうといういかにもずぼらな私にとっておきのデバイスです(機器そのものの実力は折り紙付きですよ、なんてったって米国ペンタゴンが認めたのですから)。

 

私は新幹線より飛行機で移動することが多いのですが、飛行機中ってうろうろ動き回るわけにも行かないし、座席は狭いしで寝るか、読書くらいしか出来ませんね。それを一気にトレーニングシートにしてしまおうというのが今回の趣旨。おそらく日本では初めてのことでしょう笑(世界ではどうか分かりませんが)。

では早速動画をご覧下さい。福岡から羽田へ向かう機内で機材はB777、座席は3Fでした。ちょうど乗客が少なく両隣は空いていましたので、自由度が増しました(^^;

加圧サイクルは静かな環境だと「ブーン」というコンプレッサーの音が気になるので、周りの乗客に迷惑になりゃしないか一番心配しておりましたが。エンジン音にかき消されてまったく問題ありませんでした。しっかりと加圧・除圧されているのがお分かりになると思います。

ちなみに私が着ているのは山本化学工業のバイオエスペランサというベスト。遠赤効果で深部から体温を上げていきます。夏はずっと着ているのは暑くてツライですが、冬はこれで十分暖かなんですよ。

 

さらにしっかりと加圧されているために手背の皮静脈を確認していただきます。こちらの動画をご覧下さい。

 

こんなに手軽に加圧トレーニングが出来るようになったんですね。

 

もちろん既存のデバイスでも出来ますよ。たとえば加圧ウエルエイジングベルトです。

 

これはすでに販売終了となっていますが、加圧トレーニングのための専用ゴムバンドです。こちらも手軽で良いのです。利点は持ち運びがとても楽なことだったのですが、加圧サイクル2.0はこのウエルエイジングベルトと同じくらいなので、じゃあ加圧サイクルを持っていこうってなります。

 

またウエルエイジングベルトはゴムバンドですから、マニュアル(徒手的)の操作で加圧、除圧をしなければなりません(実際は面倒でしませんが)。

 

やはりコスパを考えても加圧サイクルのほうに軍配が上がるかと(ウエルエイジングベルト足腕セット約3.5万円、加圧サイクル2.0足腕セット約20万円)。

 

もちろん機内では、加圧しながらタブレットも見られますよ。読書しながらトレーニングって最高じゃないですか!?

 

 

この加圧サイクル2.0は充電式なのですが、一回充電したらよっぽどのことがない限り一日たっぷり持ちます。

一回のサイクルが5分程度ですが、20回くらいなら余裕だと思われます(試したことがないのですが10回ならまったく問題なし)。

バッテリー切れの心配も不要ですし、いざとなればモバイルバッテリーからの充電が可能です。

 

この日はセミナーを受講したのですが、昼休みなどの合間に加圧サイクル2.0をいろんなひとに体験してもらいました。

やはり日頃から加圧トレーニングをやっている人ほど、「これはスゴい!!」と驚かれますね。

 

そして夕方すぎて福岡へ戻る羽田空港で最後の加圧サイクル体験を。

 

羽田空港のANAラウンジで体験していただいたのですが、ここでも雑踏の騒音に紛れてコンプレッサーの音は気になりませんでした。

 

いつでもどこでも出来る加圧サイクル2.0、これから日本のトレーニング、エクササイズの常識を変えるのは必定かと思いますよ。

 

皆さまもぜひみらクリでも、もし近くにあればその加圧施設ででも体験して下さい。

 

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram