わかさ3月号(2018年) のど薬療法

わかさ3月号(2018年)にEAT(Bスポット治療)掲載

わかさ3月号に日本病巣疾患研究会会員でもいらっしゃる大野耳鼻咽喉科の大野芳裕先生が「難治性めまいの77%、耳鳴の63%が改善、耳管開放症まで好転したのど薬療法」とのタイトルで記事に登場しています。

この本には北西剛先生や坪田聡先生など病巣疾患研究会ゆかりの先生も他の記事で登場しています。

これは病巣疾患研究会の考えが広まってきている証拠ですね(^^ゞ

わかさ 3月号表紙

紙面はこの様になっており、Bスポット治療(EAT)を行う医療機関としてみらいクリニックも掲載されています。

こちらがその記事です。

ただみらいクリニックは耳鼻咽喉科ではないので耳管開放症の症例はほとんど受診がありません。そのため改善例はあまり経験がないため耳管開放症には私はお役に立てない可能性があります。念のため付け加えております。

 

慢性上咽頭炎で悩んでいる方が早く元気になりますように。

あるいは、自分がまだ慢性上咽頭炎だと分からない、気づけない方にもよりよい情報が届きますように。

書店で見かけたら手にとって下さい。

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram