上咽頭擦過治療(Bスポット治療)はEATへ

EAT(上咽頭擦過治療)とは

堀口申作先生が世に広めたBスポット治療ですが、この「Bスポット」という名称は、鼻咽腔炎(びいんくうえん Bi-inku-en)の頭文字を取って名付けられたといわれています。

堀口先生の発案ではなく、当時の編集者の案だとか。

Bスポット治療(上咽頭擦過治療)が日本だけで無く、海外に広まるにつれて「この名称じゃいかんやろ~~、通じないよね」となるのはある意味仕方のないこと。

で、病巣疾患研究会としては、歴史あるBスポット治療という名称からEATに変えていくことを提唱しました。

EATは何の略?

もちろん食べる(eat)ではありません。

この度第5回日本病巣疾患研究会学術総会にて、理事の田中亜矢樹先生からEATへの呼称変更の理由、意味が発表されました。

EATとは・・・

Epipharyngeal Abrasion Therapyの略です。

Epipharyngeal:上咽頭

Abrasion:擦過する、こする

Therapy:治療

です。まぁそのまま英訳したわけですが、上咽頭擦過治療は「abrasion」擦過することがとても大切です。

鼻うがいだけでは治療にならないことがあるんです。

増生した粘膜組織をそれこそ文字通り「こすり取る」治療が必要です、それがEAT(上咽頭擦過治療、Bスポット治療)。

これからこのブログでもEAT(上咽頭擦過治療、Bスポット治療)と表現していきます。

ちなみにEAT”治療”ではありませんからね。また治療の内容が変わるわけでもありませんので、一般の方だと「Bスポット治療」のままの呼び方でもまったく差し支えありません。

日本で生まれたEAT(上咽頭擦過治療)が世界へと広まっていっていますね(^^)

 

投稿者プロフィール

今井 一彰
今井 一彰医師 みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
内科・アレルギー科・リウマチ科
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内
プロフィールページへ
amazon著者ページ

関連記事 こちらもどうぞ!

脳を鍛えるなら、舌を鍛えなさい2 日本では認知症治療薬が保険適応になっていますが、なんとこの度フランスでは認知症治...
慢性上咽頭炎と頭痛の関係 読売新聞医療ルネサンスの「のど・口から来る病」の4回目は慢性上咽頭炎と頭痛の関係...
IgA腎症と扁桃炎・上咽頭炎 読売新聞の医療ルネサンス「のど・口から来る病」の第二回目は「扁桃摘出し関節痛解消...
掌蹠膿疱症と扁桃炎 2018年7月、読売新聞医療ルネサンスで「のど・口から来る病」の特集が組まれまし...
EATの施設リストを紹介します EAT(上咽頭擦過治療)を行っている医療機関リストです 堀田修先生の「つらい不...
わかさ3月号(2018年) のど薬療法 わかさ3月号(2018年)にEAT(Bスポット治療)掲載 わかさ3月号に日本病...
掌蹠膿疱症(皮膚病)、金属除去ちょっとまって!... 掌蹠膿疱症とは手のひらや足の裏に小さな水ぶくれができて、かさぶたになったりするこ...
声が商売の人、声がれには上咽頭治療を... 歌手は声が命 声がかすれること、出しにくいことを嗄声させいといいます。がらがら...
ぜんそくの吸入薬を止めたいなら鼻呼吸... ずっと吸入していたのに、2ヶ月で要らなくなった 今回は、短期間で喘息の薬が要ら...
上咽頭炎を治すツボはこの二つだ 完骨と翳風... 慢性上咽頭炎があるときの見分け方 慢性上咽頭炎は多種多様な症状を引き起こすので...