ゆびのばソックスが紹介されました(散歩の達人)

ゆびのば(足育) オススメの本

大人のための首都圏散策マガジン「散歩の達人」でゆびのばソックスを紹介していただきました。

ありがとうございますm(__)m

 

足指をピント拡げる機能性の高いゆびのばソックスは私が開発してきましたのでとても嬉しいです。

この号では、散歩するときのアイテム、たとえば靴、靴下、インソールで入手しやすかったり機能的なものをいろいろと紹介しています。

よく噛んじゃさんから質問されることに

「どんな風に歩けば良いですか」

という大定番の台詞があります。

これって結構難しくて、いろいろな歩行がありますが、気を付けておかねばならないのは

  • 歩行は靴、靴下、地面など様々な条件によって変わる
  • 歩行を意識しながら動くと他のものへの意識が低下する
  • 絶対的に正しいものは無く、その場に応じて変わっていく

ということでしょうか。

ウォーキングの際に、歩き方を意識しながら動き続けるというのはかなり脳に負担がかかってしまうため、いつの間にか景色を眺めたり、歩き方とはぜんぜん違うことを考えてしまっていたりと言うことを経験したことがあると思います。

またショッピングの時に無意識で30分、1時間ブラブラと歩いてしまって「あっ歩き方に気を付けなきゃいけないんだった」と反省したことがある人もいるでしょうね。

 

そうなんです、歩くって結構難しいんですね。だからしっかりと歩けるように靴や靴下、インソールには気を配った方が良いと思っています。

 

さて各社のソックスが載っているのですが、無骨な感じの「ゆびのばソックス」もありますね(^^;

私たちは、足指を拡げるためにまずは五本指に別れていること、そして矯正力を出すために強い糸とを使っていることが特徴だと思っています。

ですから、逆に言うと「ちょっとはきにくい」ってことが欠点になります。

さてさて、このゆびのばソックス、編集の方々はどの様に評価、紹介して下さっているかというと。

内科医が経験を活かし考案した5本指靴下。指袋から矯正力があり、指を開いて伸ばし、足裏アーチを持ち上げる。血流改善に効果的」とあります。

さすが言いたいことを的確に表現してあります。ありがとうございます。

 

さらに「ピタッと強めの矯正力、歩くほどに指も足裏も伸びて気持ちが良い」ともあります。はいて下さったんですね(^^) ありがとうございます。

 

さらにさらに「効果を出すには指の股までしっかりはくべし」とも。

肌触りに関しては5段階の内2の評価ですが、これは強い綿糸を使っているので仕方ありません。より肌触りが良いのはシルクのゆびのばソックスです。

そしてサポート感はさすがの5段階評価の5です。他社様のソックスと比べてもゆびのばソックスのみが5/5の評価ですね。

これは私たちがこだわっているところですから、ありがたい評価です。

 

まだゆびのばソックスはいたことが無いよという人もぜひこの機会にはいてみて下さい。

ご自分の足が楽になると思います。

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram

関連記事