あいうべマスターコース募集-2019年

あいうべ体操は、口呼吸を鼻呼吸に変えていく顔の体操です。口呼吸は、あなたの体にいろんな問題を引き起こします。

これを知っているかどうかは、人生を変えると言っても過言ではありません。

このあいうべ体操をじっくり、しっかり学んで、他の人にも伝えたい、自分の健康為に役立てたいという人たちのセミナーです。

私がこれまでに作成した膨大な資料、パワーポイントファイルなどを提供しますから、セミナーを受けてすぐに活用することができます。

(認定試験あり)

あいうべマスターコースとは

「口呼吸のことについてもっと詳しく知りたい」

「大切なことだからみんなに伝えたいけど、資料がない」

という声にお応えする二日間です。これまで4回に渡りマスターコースを開催しました。

今回は、5回目です。

日時 2019年1月12.13日(日、祝)

会場 五反田駅周辺

費用 54,000円(税込、資料代など)

これまでにもたくさんの修了者が出ており、各所であいうべ体操を伝えていただいています。

職種は、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、歯科衛生士、理学療法士、言語聴覚士、柔道整復師、鍼灸師、介護士といった医療職から、スポーツインストラクター、各種セラピスト、介護職、教員、教育職など多岐にわたります。

これは、「呼吸」という問題は人生そのものだからと言えるでしょう。

マスターコース修了生の紹介

秋田県仙北市の歯科医師・高橋一臣先生(たかはし歯科医院院長)を紹介しましょう。

高橋先生は、あいうべマスターコースを受講され、しかもゆびのばソックスアドバイザー(フットコーディネーター)でもあるという、口だけじゃなく、足指や姿勢などにも精通しておられます。

私が仙北市にいった折に、小学校からあいうべ体操、口呼吸についての講演依頼をいただきました。

マスターコース卒業生ということで(私の講演のスライドなどを使用することができます)高橋一臣先生を紹介させていただきました。

それが好評で、他の小学校、中学校から講演を依頼されるように。

これはセミナーで高橋先生と一緒に撮った写真です。

口呼吸の弊害について、小さいときに知ることができれば風邪を引かなくなったり、鼻炎やぜんそくが治ったりします。

学校を休まなくても良くなるのですから、ひいては学力向上に繋がります。

そのようなお話しを生徒達にして下さいます。

また息育だけではなく足育にもお詳しいですから、靴のこと、足指のこと、ゆびのば体操(足指伸ばし)などのお話しもできます。

子ども達の姿勢の悪さは、口呼吸だけではなくかがみ指でも起こるんです。かがみ指は「上履き」で引き起こされます。

昔からの習慣だからといって「上履き」をはき続けるのは子ども達の姿勢を悪化させてしまう恐れがあります。

ですから、普段から足指を曲げないような生活を送ることが望まれるんですね。

ゆびのば体操で、保育園で転倒幼児が減り、病院を受診する割合が減りました。

こんな講演を出来るようになる人を育てていくのが「あいうべマスターコース」です

この機会にぜひ参加ください。

あいうべ体操で口呼吸を鼻呼吸に改善

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram