痛みと姿勢の外来(整形内科)

膝腰の痛みや姿勢の悪さ、原因は足かも

みらいクリニックの「痛みと姿勢の外来」は、痛む局所にだけの治療ではなく、体の土台つまり症状の原因まで考えた治療に取り組んでいます。
受診された方からよく言われる言葉があります。

こんなに体を触ってもらったことなかった」

「原因不明と言われて不安だったけど、説明を聞いて安心した」

「他院では様子を見ましょうと言われたけど、悪くなるのじゃないかと恐かった」

などです。

※診療には予約が必要です。お待たせすることはありません。診療費目安は4,000円前後(予約料込 時間20~30分)です。保険証をご持参下さい。

原因のない症状はありません。

たとえば骨折などの外傷ではない痛みの場合、痛んでいる場所意外に原因が見つかることがあります。
これは多くの場合は体がバランスを保とうとして力んでしまい、歪みなどが生じることによります。

体の土台である足・足指を整えることで、痛みがその場で消えたりもしますし、痛みだけでなく、O脚や猫背といったような姿勢の問題が改善します。
人間も建物も土台がしっかりしていないとまっすぐ立つことはできません。
足・足指の機能が落ちる原因は様々で、靴下、ストッキング、靴、姿勢、歩き方などが考えられます。
これは大人だけではなく、小さなお子さんにも当てはまります。

痛みと姿勢の外来では、薬や注射などを出来るだけ使用せず治療を行っていきます。整形外科ならぬ整形内科的な診断、アプローチと言えるかも知れません。

痛みと姿勢の外来で治療をしている病気(一部)

歪みの原因は足指のこともあります

  • 外反母趾
  • 内反小趾ないはんしょうし
  • 変形性関節症(膝、股関節など)
  • 猫背
  • 反り腰
  • 足腰の痛み
  • 正座が出来ない
  • 階段の上り下りが大変
  • 良く転んでしまう

などの不調、症状の治療を行っています。

手術前に来院され、症状が改善し手術をしなくて済む方も、杖で来院され帰りには杖を忘れて帰る、そんな方もめずらしくありません。

「ゆびのば体操」という足指の体操を聞いたことがありますか?これまでNHKなどのメディアをはじめとしてたくさんの書籍などでも紹介していただきました。

  • 腰痛(変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、繰返すギックリ腰など)
  • ひざ痛(変形性膝関節症、半月板損傷、オスグッド病など)
  • 股関節(変形性股関節症、先天性股関節脱臼など)
  • 足指の変形(外反母趾内反小趾浮き指屈み指・屈指症寝指タコ(胼胝)・ウオノメ巻き爪モートン病など
  • 歩行不全(脳卒中における麻痺、小児麻痺、交通外傷後など)
  • 小児(成長痛、オスグッド病、脊柱側弯症など)
  • 爪の問題(巻き爪、嵌入爪、爪水虫など)

O脚、X脚、猫背、下肢静脈瘤など姿勢に関することでもお気軽にご相談下さい

 

当院にはレントゲンなどの設備はありませんので、他院で検査したものがあればご持参下さい。

足指の変形について

「痛みと姿勢の外来」では、足指の機能、形を重要視します。
普段私たちの体を支えている足指の変形について簡単に説明します。
「痛みと姿勢の外来」では、足指の変形、機能回復について詳しく説明しています。

外反母趾(がいはんぼし)

右足の方がよりひどく外反しています

母趾が小趾側に曲がっている状態を表します。自分でチェックしてみて下さい。

本来の母趾は、足の内側の踵から母趾のつけ根を結んだ線上に真っ直ぐ伸びています。

この線と母趾の間に手の人差し指が一本入れば「外反母趾予備軍」、二本入れば「外反母趾」となります。

内反小趾(ないはんしょうし)

赤い点線で示した部分が理想的な小趾の位置です

小趾が母趾側に曲がっている状態を表します。自分でチェックしてみて下さい。

小趾も本来は、足の外側の踵から小趾のつけ根を結んだ線上に真っ直ぐと伸びています。

この線と小趾の間に手の人差し指が一本入れば「内反小趾」となります。

浮き指(うきゆび)

小趾が地面に付いていないことが分かります

足指のどれかが地面に接地していない状態を表します。

本来、全ての足指は地面をしっかりと押さえていますが、姿勢の乱れ、筋力不足などいろいろな原因により浮いてしまいます。

浮き指の場合、足指の付け根にタコや魚の目を併発していることもあります。

寝指(ねゆび)

小趾の爪が地面に対して垂直になっています

あしゆびが横に倒れている状態を表します。

爪が本来の位置である真上を向いておらず、斜め、横向きであれば、寝趾です。

小趾、薬趾に多く見られる変形で、単独での変形は少なく、内反小趾などと併発していることが多いのが特徴です。

屈み指(かがみゆび)

楽に立った状態でも2,3,4趾が屈んでいます

足指が地面に向かって曲がっている、屈んでお辞儀しているような状態を表します。

本来、足指は床に対して平行に真っ直ぐに伸びていますが、体に合わない靴やソックス、筋力不足など、いろいろな原因により屈んでしまいます。

巻き爪

爪クリップやワイヤーを使った治療が代表的ですが、軽度の巻き爪であれば、靴の選び方・はき方、歩き方の改善、ゆびのば体操・ソックスの実践で改善することがあります。また一度改善しても、きちんとその後のケア出来なければすぐに「再発」してしまい、治療を際限なくし続けなければならないという状態になってしまいます。

そうならないためには、巻き爪になった原因を考えて、その対策も立てる必要があります。

初診時 ステープラの針のように爪が曲がっています

実は、歩くことによって爪は従来の形に戻っていきます。痛みなく歩ける状態をサポートするのも私たちの役目です。

ですから歩かなければ爪ワイヤーを使っていても、外したらすぐにもどってしまうのです。

上の写真の方も靴や歩行の改善、ゆびのば体操・ソックスにより爪ワイヤーなど使用することなく半年後にはまっすぐな爪となりました。

母趾の爪改善、2趾の爪は下に良い爪が生えてきて生え替わっているところです

爪も血流を改善すれば、きちんとペディキュアが塗れる爪になったり、爪水虫が薬を使わずに改善したりということがあります。

テーピング治療では、入浴などが不便になります。お困りの際は、「痛みと姿勢の外来」にご相談下さい。

対象の疾患や年齢

O脚・外反母趾・猫背・腰痛(坐骨神経痛や脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなど)・膝痛(変形性膝関節症、オスグッド病など)・成長痛・転倒予防・運動能力の低下、下肢静脈瘤、ベイカー嚢腫、変形性股関節症、くる病、脊柱側弯症

などでお悩みの方々が受診しておられます。

その他、靴の選び方や調整、インソール作成(中敷き)も行っております。

歩き出したくらいのお子さんから(ファーストシューズをはくくらいの年齢)からご高齢の方まで様々な疾患、症状を治療しています。

診察・治療方針

歩行姿勢のチェックも行います

みらいクリニック「痛みと姿勢の外来」は予約制です。治療には事前のご予約が必要です。

診療では歩行のチェック、姿勢分析なども行います。

受診時には、動きやすい格好、普段履いている靴などを持参して下さい。

 

ご自分でできる体のケアを指導します

関節の動きなどを確認しながら痛みの原因を探ります

足・足指の機能は日常生活の様々な原因で容易に悪くなっていきます。そのため生活習慣病とも言えます。

逆に言うと、自分でできる簡単なケアで足の機能を整えることができるということです。

足の指を伸ばして広げる「ゆびのば体操」をご自宅で行っていただき、ご自身の手で体を整える方法をお伝えいたします。

「ゆびのば体操」は外反母趾などの改善、体のバランス、転倒予防などの効果が期待できます。

ゆびのば体操は、小さなお子さんから高齢者の方まで誰でも簡単に取り組むことが出来きる簡単な足指の体操です。

足指が縮こまってしまうと(屈指症)、足指先への血流が悪くなり、それによる痛みやしびれという症状に繋がります。靴や靴下により足指の変形が起こっているかも知れません。そのために、足指を優しくストレッチしていく「ゆびのば体操」をお勧めします。

子どもや高齢者の転倒予防や運動能力の向上のために取り入れている施設も全国に多数ありますし、これまでテレビや雑誌などでも取りあげていただきました。

体を守るための靴選び

靴選びのお手伝い、作成も行っております

私たちの生活の中で靴は非常に大事なものです。
しかし、正しい靴選び、体を守る靴選びができていないために、足・足指の機能が落ちている方がとても多いのが現実です。
また、サイズが合ってい、靴紐がゆるい・・・など履き方を間違っている方も多いです。
お子さまの成長痛などの成長期の問題の多くは、靴が大きな影響を与えていることがあります。

みらいクリニック「痛みと姿勢の外来」ではあなたの体を守るための靴選びの方法もお伝えしております。
パンプスやヒールで足を痛めると考えられる方もいらっしゃると思いますが、サイズ選びが間違っていることがほとんどです。
正しい靴選びを知ることで、おしゃれをしながら体を守ることが出来ます。

診察間隔など

4週間に一度。遠方の場合は、ご相談に応じています。
足の指を伸ばして広げることでその場で痛みがなくなる方もいらっしゃいます。
体は少しの刺激で良くも悪くもなります。
日々のケアがあなたの健康的な毎日を作るのです。

最後に

いつまでも健やかに歩ける体を提供します

元気に生きていくためには、しっかりとした土台づくりが必要です。
足の機能が落ちてしまいバランスを崩してしまうと、姿勢を崩してしまったり痛みが出てしまいます。
足指を整えることで、膝や股関節の手術を回避できた方もいらっしゃいます。
あなたも痛みにアプローチするのではなく、体の土台(原因)へのアプローチをしてみませんか?

ご予約は、お電話でのみ受け付けています。
必ずご予約の上ご来院ください。

痛みと姿勢の外来ブログもどうぞ!

《火曜日〜金曜日》
9:30〜13:00  14:30〜18:30
《土曜日》
9:30〜13:00  14:30〜16:30
日曜・月曜・祝祭日は休診日です。
休診
午後休診ほか
Loading...
<< Previous | Next >>
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31  

 

成長痛

成長痛とは、成長期に起こる身体の痛みのことです。主に、夕方から朝方の時間帯に痛みを訴えることが多いことが特徴として挙げられます。また、朝には痛みが治まっていて、病院で検査を...

詳しくはこちら

東京都荒川区にある相田歯科クリニックにて「足と靴と姿勢の指導」を行います

2018年10月1日(月)よりみらいクリニックの痛みと姿勢の外来担当の石田力が、東京都荒川区にある相田歯科クリニックにて「足と靴と姿勢の指導」を行います。みらいクリニックに...

詳しくはこちら

外反母趾

足のトラブルの中でも、耳にする機会の多い外反母趾ですが、実際にどのような状態のことを言うのでしょうか。母趾が外側に向かって反っている状態を表しているのが、外反母趾という状態です。痛みが無ければ放置されることもありますが、母趾の付け根が赤く腫れたり(バニオン)、母趾の爪が巻き爪や嵌入爪となり炎症や感染を起こしたりすると痛みで歩行困難となることがあります。
外反母趾の男女比は、1:10といわれて圧倒的に女性の方が多い疾患ですが、男性でも悩んでいる人が少なくありません。痛みと姿勢の外来(フットケアセンター)にも受診されています。

詳しくはこちら

内反小趾

内反小趾とは小指の変形のことを指します。
小趾は、小さくて弱い足指ですから、ストッキングで足指を包んだ場合には、母趾の方向へ容易に曲がってしまいます。
母趾と小趾の大きさの違いを考えてみれば容易に理解できると思います。
実は、靴よりもストッキングや靴下によって内反小趾をおこしている場合が多いのです。
痛みがあることは少ないですから、知らず知らずの内に内反小趾を起こしてしまっています。
まずは日常生活に潜む内反小趾の悪化原因を除くことが大切です。

詳しくはこちら

浮き指

浮き指とは、足指が地面に接していない状態のことをいいます。人間の足指は、左右に10本ありそれぞれが地面に接していることが大切です。立った状態で体の重心を踵に移動させると足指が地面から離れるのが分かります。それが浮き指の状態で、体の重心の位置が踵側に移ってしまっている状態とも言えます。大人だけではなく、小児にも増えており小学校卒業時には、8割の児童にこの浮き指が見られるとの調査報告もあります。

詳しくはこちら

屈み指

屈み趾を改善するために、足の機能を調えることから始めましょう。

みらいクリニックでは、足指、土踏まず、踵を本来の状態に戻していくために、「ゆびのば体操」「歩行練習」「靴選び」の指導を行います。

まっすぐに立ってまっすぐと歩くことができれば、私たちのカラダは痛まないように作られています。

受診ご希望の方は、受付までお電話ください。(みらいクリニックは完全予約制となっております)

詳しくはこちら

寝指

寝指とは、足指の筋力不足により指が倒れている状態を言います。
上図のように、足指の爪が上を向いていなければ寝指と判断できます。他の指より小さな小趾によく見られる症状です。
改善のためには、足指を使って歩くことが重要になってきます。足指でしっかりと歩くために、足指のケア、靴選びもご案内しています。
受診ご希望の方は、受付までお電話ください。(みらいクリニックは一部予約制となっております)

詳しくはこちら

タコ(胼胝)・ウオノメ

タコ(胼胝)・ウオノメの改善には足指を調える必要があります。
みらいクリニックでは、足の裏にある3つの土踏まず(アーチ)が機能しているか、足指に体重が乗っているのかを注視しています。
足裏全体に体重がかかっていれば、タコ(胼胝)・ウオノメにはなりません。しっかりと足指を伸ばすことで自然と改善していきます。
また、靴の影響も考えられますので、ご自身に合った靴選びも重要です。受診ご希望のかたは、みらいクリニックは予約制となっておりますので、受付までお電話ください。

詳しくはこちら

巻き爪治療

巻き爪は足の指に体重をかけることで改善していきます。
私たちの爪は「平爪(ひらづめ)」と呼ばれ、足が健康であれば平らになるように作られています。つらい巻き爪の改善には、足指にしっかりと体重がかけれるように、足を見直す必要があります。
みらいクリニックでは、クリップなどを極力使わずに、ご自身で巻き爪を改善できる方法をお伝えしています。受診ご希望のかたは、受付までお電話ください。みらいクリニックは予約制となっております。

詳しくはこちら

モートン病

モートン病は、足の筋力不足を調えることで改善していきます。とくに足指の筋力は、土踏まずを形づくるために重要な役割を担っています。
足指の筋力が低下する原因はさまざまですが、靴選び、靴ひも、歩きかたを特に重要視しています。
モートン病でお困りの方の多くが、足指の筋力低下による開帳足という足幅が広くなっている状態です。なので、楽に履けるような幅広の靴を選びがちですが、それにより症状が悪化してしまう危険性もあります。
モートン病でお困りの方は、みらいクリニックにお任せください。

詳しくはこちら

開張足

開張足の改善のためには、足指を正しく使うことが重要です。足指の筋力を調え、足にある3つのアーチを形成していくことで改善していきます。
しかし、MP関節(中足趾節関節)を固定している横中足靭帯が伸び、緩んでいる状態であれば、筋力だけでの改善は難しくなってきます。ですが、足の機能を調えることで、カラダの動き、痛みといった症状の改善には繋がります。
みらいクリニックでは開張足改善の為に、足のケア、歩きかた、靴選びをお伝えしています。開張足でお悩みの方は私たちにお任せください。

詳しくはこちら

扁平足

扁平足とは、筋力不足などによって土踏まずが潰れている状態をいいます。筋力不足以外にも、踵のズレによる外反扁平足という状態もあります。
足の土踏まず(アーチ)が潰れてしまうと、衝撃を吸収することができなくなるために、膝や腰を痛めてしまう二次的な問題に繋がらないように注意が必要です。

詳しくはこちら

足底筋膜炎

足底筋膜炎の改善のためには、足底の筋膜を緩めることが重要です。

足底筋膜炎の原因として、重心の位置のバラつきが考えられます。足底にはバランス良く体重がかかっていることが望ましいのですが、足指の変形などによって、体重の偏りが出ることで筋バランスが変わってしまい発症しやすくなってしまいます。

みらいクリニックでは足底筋膜炎の改善のために、足指のストレッチ、靴選びについてお伝えしています。

詳しくはこちら

カラダを守る靴の選び方

靴は、カラダの土台である足を包む非常に大切な道具です。靴の間違いからカラダを痛めてしまう方も多くいらっしゃいます。
カラダを守る靴を選ぶためにも、必ず足のサイズを計るようにされてください。スニーカーを買うときには立った状態、パンプスやヒールは座った状態で計ります。
スニーカーは計ったサイズに+1.0~1.5cmしてください。パンプスやヒールはそのままのサイズで大丈夫ですが、横幅(親指と小指のつけ根の幅)も計ってください。
自分のカラダに合った靴を選ぶことは、健康だけでなく、美容にも繋がります。

詳しくはこちら

靴のオーダーメイドインソール作成

みらいクリニックでは、何時までも歩ける足作りの一環として、また外反母趾やO脚などの改善のため、その人の足に合ったオーダーメイドインソールを作成しております。インソール(中敷...

詳しくはこちら

ご予約はお電話でのみ受付092-415-2153診療時間
9:30-13:00 14:30-18:30
(土曜は16:30まで)
受付は終了30分前まで
[ 日・祝日 休診 ]

メールでのお問い合わせはこちら ご予約はお電話でのみ受付