巻き爪治療

巻き爪は足の指に体重をかけて歩くことで改善していきます。

私たちの爪は「平爪(ひらづめ)」と呼ばれ、足が健康であれば平らになるように作られています。つらい巻き爪の改善には、足指にしっかりと体重がかけれるように、足指や足の使い方を見直す必要があります。

みらいクリニックでは、クリップなどを極力使わずに、ご自身で巻き爪を改善できる方法をお伝えしています。受診ご希望のかたは、受付までお電話ください。みらいクリニックは予約制となっております。

巻き爪とは

巻き爪とは、足指の爪が内側に巻いている状態を言います。爪が変形することにより、爪の周りの皮膚が炎症し痛みを伴うことがあります。

爪の巻いている角度によって、軽度、中度、重度と分けることもできます。

巻き爪の原因

巻き爪の原因として、「立ち方」と「歩き方」を見直す必要があります。

姿勢を意識せずにまっすぐと立つことができれば、足裏全体に体重がかかるようになりますが、猫背や反り腰などの問題がある方は足指に体重がかかっていないことがあります。足指に体重がかからないことで、爪を平らに調えるための圧がかからず巻き爪になってしまいます。

また、まっすぐと立てていても、足指を使わずに歩く癖によって巻き爪になってしまう方もいらっしゃいます。

巻き爪により生じる問題

巻き爪により生じる問題として、一番に考えられるものは足指の痛みです。

爪の角が足指の皮膚に刺さり、炎症や化膿を起こすことがあります。それにより、姿勢や歩きのバランスを崩してしまい、膝痛や腰痛といった二次的な問題にもつながってしまうと考えられます。

女性であれば靴を選びにくくなるなど、オシャレを楽しむことが難しくなることも問題だと考えられます。

みらいクリニックが提供する巻き爪の解決方法

みらいクリニックでは、巻き爪改善の為に「靴選び」「歩きかた」「爪の切り方」の指導を行っています。

巻き爪だけではありませんが、現代人の痛みの多くは靴の間違いから起こっていると考えています。日本では靴の選び方、履き方を習うことはほとんどありません。

その間違いを正すことで、多くの問題は改善していきます。

つらい巻き爪であっても、ご自身のケアで改善につながります。足元の問題はみらいクリニックにお任せください。

診療案内

ご予約はお電話でのみ受付092-415-2153診療時間
9:30-13:00 14:30-18:30
(土曜は16:30まで)
受付は終了30分前まで
[ 日・祝日 休診 ]

メールでのお問い合わせはこちら ご予約はお電話でのみ受付

執筆・監修 医師 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内
プロフィールページへ
amazon著者ページ