カラダを守る「靴のサイズ」の選び方

靴のサイズによって、カラダを痛めている方がいらっしゃいます。

あなたは普段、何を基準に靴を選んでいますか?

小さなころからの感覚だとしたら黄色信号です。

まずは一度、足のサイズを計ってみてください。

体型が変わってしまうように、足のサイズも日々変化しています。

体重が増えれば足にかかる負担が増えて、足のサイズが大きくなってしまいます。

過去のあなたの足のサイズは、

今のあなたの足のサイズではありません。

靴そのものの機能も大事ですが、ご自身に合ったサイズ選びも同じように大切なのです。

今回は、靴のサイズの選び方についてお伝えします。

足のサイズを知ろう

靴のサイズを選ぶ前に、ご自身の足のサイズを計ってみましょう!

クリニックやセミナー会場で感じるのですが、皆さんご自身の足のサイズを知らない方が非常に多いです。

ご自身の足のサイズを知らないのに、正しい靴が選べるはずがありません。

めんどくさく感じるかも知れませんが、ご自身のカラダを守るために必ず計ってもらってください。

靴屋さんに行けば、下図のようなフットゲージを使って計ってくれますよ。

足のサイズを計るときの注意点を一つあげておきます。

スニーカーや革靴であれば、必ず立った状態で計ってください。

もし座ったままで計ろうとされたら…

その店員さんは靴のことは詳しかったとしても、カラダのことには詳しくありません。

いや、靴のことにも詳しくないような気がします(笑)

とにかく、立った状態で計るようにしてください。

靴選びの基本「捨て寸」

さて、ここでクイズです!私の裸足のサイズは26.3cmなのですが、履いている靴のサイズは以下のどれでしょう?

えっ?興味が無いって・・・(@_@) いやいやながらでもぜひ選んでくださいm(__)m

  1. 26.5cm
  2. 27.0cm
  3. 27.5cm

 

答えは「3」の27.5cmです。

靴の中で足指がしっかりと動かせるように、少しゆとりを持たせてあげる必要があるんです。

細かく言うと「1.0~1.5cm」のゆとりを作ってください。

これを専門用語で「捨て寸」といいます。

この捨て寸があるお陰で、足指の変形を防ぐことができるのです。

逆に言うと、捨て寸が無い靴を履いていると、外反母趾などの足指の変形に繋がります。

 

この捨て寸について、先日信じられない内容がテレビで流れていました。

「余裕がある靴を履いていると、足が臭くなる」

というないようだったのですが、その理由は

「靴が脱げないように足指を屈めてしまい、足指に汗をかくから」

のようなことを言われていました。

全てを否定するつもりはないんです。

余裕がある靴は脱げやすいですよね、、、紐が緩ければ!

以前にも書きましたけど、靴ひもを締める事を忘れないように^^;

痛みなく歩ける靴ひも(シューレース)の結び方

フットゲージがない場合は?

フットゲージが無い場合は靴が選べないのかというと、そんなことはありません!

足のサイズがわからない時は、インソールを取り出してみてください。

(中にはインソールが取れない靴もあります^^;無理に外さないように)

そして、インソールの上に足を乗せてみてください。

足指が全て、インソールの上に乗ることが理想です。

下図のように、明らかにはみ出すような靴はNGです!

この状態を観るだけで、なぜこの方が屈み趾になってしまったのか想像できますよね。

足のサイズが計れない時は、インソールを活用されてください。

靴選びでお困りの方

基本的な靴選びについては、以上です。

あくまで一般的な選び方のご紹介となってます。

カラダの状態は人それぞれ違いますので、みらいクリニックではその方に合わせたご提案をしております。

歩くことに困っている、靴選びがわからない…などのご相談は、痛みと姿勢の外来にお任せください。

こちらの記事もどうぞ!

投稿者プロフィール

石田力
石田力みらいクリニック 痛みと姿勢の外来担当 フレイル外来トレーナー
・加圧インストラクター

関連記事 こちらもどうぞ!

県外から2度目のインソール作成にお越し頂きました... 3ヶ月前に初めてインソール作成を担当させていただいたM様、インソールを気に入って...
痛みなく歩ける靴ひも(シューレース)の結び方... 今回は、靴ひもを結ぶことがとてもあなたの体を守るため、姿勢を良くするためにとても...
外反母趾改善は「靴選び」が大事 外反母趾と靴選びについて 外反母趾の改善には、自分の足に合った靴選びが必要です...
正しい靴の履き方教えます 靴でカラダは良くも悪くもなる 靴の履き方を間違えるとカラダにその影響が出てきま...
飾りじゃない!靴紐はキュッと締めるべし。... 靴ひも締めてますかー? 普段、どんな靴を履いていますか? あなたは普段...
一生歩ける靴選びしたくないですか?... あなたはきちんと靴選びできてますか? カラダを守るための靴選びをお伝えします...
アーチ(土踏まず)を支えるインソールが危険な理由... みらいクリニックでは、アーチ(土踏まず)を強く支えるインソールはお勧めしていませ...
足裏のタコを削る前にできること。靴ひも、しっかり結んでる?... 足裏にできるタコ、医学用語だと胼胝(べんち)と言います。これに芯ができていたくな...
靴と足を一体化させるインソールセミナー... 靴と足を一体化させるには、靴ひもはもちろんですが、インソールも一人ひとり...
足元をキレイに見せるサンダル・パンプス選び... 先日、九州朝日放送様の「サワダデース」にてサンダルの選び方についてお話を...

執筆・監修 医師 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内
プロフィールページへ
amazon著者ページ