成長痛

成長痛

成長痛とは、成長期に起こる身体の痛みのことです。

主に、夕方から朝方の時間帯に痛みを訴えることが多いことが特徴として挙げられます。また、朝には痛みが治まっていて、病院で検査を行っても問題がみつかることがありません。

そのため「骨が成長するときの痛みだ」と言われることもありますが、骨が成長するときに痛みを発することはありません。

では原因不明かというとそうではなく、みらいクリニックが捉えている「成長痛の一番の原因」は、靴のサイズの間違いです。

子どもの足の骨は、半分以上が軟骨でできています。そのため、靴などの外力により容易に変形してしまいます。

身体の土台である「足」が変形することで、膝や腰に痛みが出てしまいます。もし、子どもさんが痛みに悩んでいるのであれば、まず靴のサイズの見直しをされてはいかがでしょうか。

成長痛とは

成長痛とは、成長期に起こる身体の痛みのことを指しています。

成長痛の多くは活動中ではなく、夕方から朝方に痛みを訴えることが多いことが特徴です。そのため、病院で検査等を行っても問題を発見することができないことがほとんどです。

また、その痛みのほとんどが、腰から足で起こることも特徴の一つです。みなさんも腕や肩の成長痛というのは聞いたことはないと思います。

「成長痛は骨が成長しているから痛みが起きる」と聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。もし骨が成長することで痛みが発生するのであれば、腰から下だけにとどまらず、腕や肩にまで発生するはずです。

痛みが腰から下に集中していることから、成長痛は下半身に問題があると考えています。

成長痛の原因

成長痛の原因は、身体の土台である足にあるとみらいクリニックでは考えています。

子どもの足の骨は半分以上が軟骨でできています。その柔らかい足でからだを支えているため、靴や靴下などの影響をとても受けやすい状態であるといえます。

骨がしっかりと固まっている大人の足であっても靴や靴下によって変形させられるということを考えると、半分以上が軟骨である子どもの足はより変形しやすいのです。

さらに、軟骨の状態では痛みを感じることが少ないため、バランスを補うために負担がかかっている他の部位に痛みを訴えることが多いと考えられます。

 

成長期の子供は、一年間に1~2cmずつ大きくなると言われています。つまり、靴は季節ごとにサイズの見直しが必要なのです。

「少ししか履いていないから…」と靴のお下がりをされる方もいらっしゃいますが、これも成長痛を引き起こす原因の一つと言えます。

私たちは一人ひとり顔や性格が違うように、足の形もそれぞれ違います。たとえ、少しの期間しか履いていなくても、カラダを支えている靴は履いている人の足形に変形しています。

身体の土台である足をつつむ靴が変形していれば、足が変形してしまうのは明白です。

成長痛の解決方法

みらいクリニックが提供している成長痛の解決方法は、「ゆびのば体操・ゆびのばソックス・靴の見直し」です。まずは身体を支える土台である足を調えることが重要なのです。

身体を支えるためには、足指は末広がりになっていることが必要です。

ゆびのば体操は、優しい力で行う足指のストレッチです。靴や靴下で曲がってしまった足指(かがみ指など)を本来の状態の戻していきます。

ゆびのば体操はギューッと硬くなっている足指の筋肉をほぐしていきます。ゆびのば体操をやってその場で足の形が変わる方もいらっしゃいますが、変わらなくても一番大切なのは毎日継続することです。

私たちの身体は、毎日の積み重ねで良くも悪くもなってしまいます。

成長痛の痛みも、靴や靴下で毎日少しずつ足指を変形させてしまったことが原因です。これを改善させていくには、同じくらい優しい刺激で毎日少しずつ続けることが必要です。

 

ゆびのば体操でほぐした足指をつつむ靴や靴下にも注意が必要になります。足趾の変形がある場合、そのままの状態で歩くことが身体を痛めてしまう事に繋がります。

ゆびのばソックスで足指を正しい位置に矯正して歩くことで、身体をまっすぐに支える筋肉が自然と成長します。

とくに子どもの場合はその差は顕著に現れます。大事な足をつつむ靴と靴下はしっかりとしたものを選んでください。

靴の選び方・履き方

靴の選び方を知るには、まず足のサイズを知ることです。

靴を買う前に、必ず足のサイズを計ってください。みらいクリニックでもよく言われるのですが、「感覚」で靴を選ばないようにしてください

足のサイズに+1~1.5cmが正しい靴のサイズとなります。(子どもの場合は+0.5~1.0cm)

しかし、これだけでは不十分な場合があります。

インソールが取り出せるタイプの靴であれば、インソールの上に足を置いて足指がインソールからはみ出ていないかチェックしてください。

インソールにしっかりと足指が乗っていなければ、サイズを大きくするか、横幅の広いものを選ばれてください。

子供用の靴は横幅が選べるものがないと思いますので、サイズを大きくしてください。

履くときは踵をしっかりと合わせるために、踵をやさしく地面に打ちつけてください。そして、靴ひも(マジックテープ)をしっかりと締めること。

 

成長痛の多くは靴のサイズを間違えることで起こっています。

子どもがつらい痛みに苦しまないように、季節ごとに靴の見直しをお願いいたします。

■【ブログ】子どもを苦しめる成長痛の対処法 オスグッド病

成長痛

原因不明といわれる成長痛

オスグッド病(膝の成長痛)で悩んだ私

みらいクリニック「痛みと姿勢の外来」担当の石田です。

みらいクリニックには「痛みとゆがみ」で悩んでいるお子様が受診されるケースが多いです。

どこで見てもらっても「原因不明」と言われて経過観察のみと言われて、痛みがあまり治まらず、原因を追及するために受診されるというのが大部分を占めます。いわゆる成長痛ですね。

今回は、成長痛と診断されたとき、成長痛を疑ったときに目を配るポイントについてお伝えします。

自分が悩んだからこそわかる

なぜ僕が成長痛のことを書くかというと、僕自身が中学生の時に成長痛とオスグットシュラッター病に悩んでいたからなんです^^;

毎日、膝の激痛との戦い・・・^^;

膝を軽くぶつけただけで立ち上がれなくなってました。

部活も何ヵ月か他の部員とは別メニューだったりと、あまり良い思い出はありませんね。

オスグッド病とは膝の下側、脛骨結節の損傷により関節痛を生じる病気です。

だから、子どもさんが受診に来られると当時を思い出します・・・。

今回の記事、保護者の方だけでなく教職に就いている方や、スポーツのコーチをしている方など小さなお子さんと関わりのある方はぜひ読んでください。

そして、成長痛で困っている人がいたら教えてあげてください。

成長痛って足指でなおるんだよ」って。

成長痛って何?

成長痛について、今井院長に答えていただきました!

石田
院長!成長痛の原因って何ですか?
今井院長
成長してるからだよ(笑)
石田
(・_・;)

 

今井院長

って言うのは冗談で・・・

スポーツだとか生活習慣だとか色々言われてるよね。

原因は不明って言われているよ。

 

石田

僕も病院でも同じことを言われました^^;

(さすがの今井院長も成長痛にはお手上げか・・・)

 

今井院長

まぁ、それは一般的な目線での話ね!

例えば、変形性膝関節症の方の場合まずはどこを見る?

石田
足指から観ます。

 

今井院長

だよね!

痛んでいる箇所に原因は隠れてないよね。

痛みはあくまで結果だから。

原因を探してあげなきゃ。

石田
まずは土台である足の問題をみる必要があると?
今井院長
そう、特に子供の場合は成長に合わせた靴選びが大事なんだよ!

 

成長痛は原因不明なんかではありません。原因をきちんと追求していないから「原因不明」とされているだけです。

痛いところだけに目を向けずに、足もと、足指、靴などをしっかり見てあげてください!

子どもでも、大人でも、まずは土台づくり。

「足育(ソクイク)」が大事ですね。

そして、子供は成長に合わせた「靴選び」も大切です。

子供の足の骨は、ほとんどが軟骨です。柔らかく変形しやすい骨をつつむ靴が足に合っていなければ、カラダへの負担はとても大きくなってしまいます。

軟骨の状態では痛みを感じにくいので、足に痛みがでることは少なく、膝や腰などに痛みを訴えることが多くなります。もし子供さんがカラダの痛みを訴えてきたら、ぜひ靴を見直してあげてください。

成長に合わせた靴選びができていれば、足指は自然とまっすぐに伸びてきます。

なぜ痛みが出るの?

では、なぜ成長”痛”、痛みが出るのでしょうか。

私は、痛みの原因は力みりきみだと外来ではお伝えしています。

これは大人も子供も関係ありません。

では、なぜ力まないといけないのか?

それは、上記のとおり。

カラダの土台である足がシッカリしていないからです。

 

人間のカラダもビルなどの建物と一緒です。

基礎、土台がシッカリしていなかったり、まっすぐじゃなかったらどうなりますか?

倒れてしまったり、地震などで簡単に崩れてしまいますよね。

 

人間はバランスを自分でとれるから倒れませんよね。

ただ、バランスをとろうとして無意識にりきんでしまいます。

その無意識の積み重ねが痛みとしてあらわれます。

 

「原因不明の痛みや不調」は意外と身近なことが原因なことが多いです。

子どもを守るためにできること

まずは靴選びをしっかりとしたいですね。

クリニックでお伝えしている良い靴の条件は以下の4つ。

 

1.踵(ヒールカウンター)が固いこと

2.捻じれないこと

3.インソールにしっかりと足が乗ること

4.鳩目は5つ以上あること

 

子どもさんの場合は特に3.を重視したいですね。

成長に合わせた靴を履くことが、子供さんの成長を守る秘訣です。

ただ、お子さんの場合はこれらを備えている靴がなかなか販売されていません。

特に4.の紐靴など探すのは大変です。

 

靴選びについては、以下の動画内で詳しく説明しています。

この様な症状の場合は、痛みと姿勢の外来にお任せ下さい。

整形内科的な問題を解決する今井院長の診察、診断の後に、

  • ご自分に合った靴、シューズ、パンプスなどの選び方、
  • 外反母趾をこれ以上悪くしないためのアドバイス
  • 姿勢をよりよくしていくための指導

などを私が行います。その他必要な治療があれば今井院長の指示により行われます。

成長痛、原因不明のお子さんの痛み、側湾症など悩みを抱えていらっしゃったらぜひ「痛みと姿勢の外来」へお任せ下さい。

ご高齢の方から、乳児まで幅広く指導を行っています。

ご予約は、お電話で092-415-2153(みらいクリニック)。

■【ブログ】成長痛・子どもの痛みは靴のせい

子どもの足はほとんどが軟骨でできています。そのため、痛みを感じることはめったにありません。

しかし、みらいクリニックの外来には、子どもさんが痛みを訴えてこられることがあります。いわゆる成長痛というものですが、原因不明ではありません。

子どもさんが痛みを訴えてきたら、まずは靴を見直してあげてください。

子どもの足は、一年に1~2センチほど大きくなっていきます。つまり、靴は季節ごとに変えてあげないといけないのです。

上図のように「どーせ大きくなるから…」と大き目の靴を履かせることはお勧めできません。

子どもさんの靴、痛み、姿勢のご相談はみらいクリニックにお任せください!

オスグット・シュラッター病で苦しんだ過去

子どもの足は、そのほとんどが軟骨です。とてもやわらかい組織なため、柔軟で痛みを感じることは少ないと言われています。

しかし、世の中には痛みに苦しんでいる子どもが多くいることも事実です。

病院に行っても

医師
「成長痛ですね、様子をみましょう」

と言われて終わり…という経験をした方も多いのではないでしょうか?

実は、私も成長痛の一種である「オスグット・シュラッター病」で苦しんだ一人です。

痛いから病院に行ったのに、解決方法も治療もなく、様子をみるしかなかったあの期間は本当に地獄でした。

同じように苦しむ子供を一人でも減らしたいという気持ちで、子どもたちと向き合っています。

ぜひ、最後までお付き合いください。

軟骨だらけの足

子どもの足は、そのほとんどが軟骨でできています。その柔らかい足をつつむ靴は、とても重要なんです!

柔らかく、痛みを感じにくいので、どんなカタチにも順応してしまうんです。靴の間違いから、外反母趾内反小趾屈み趾などの足指の変形に繋がってしまいます。

カラダの土台である足が変形してしまうことで、膝や腰など、その他の部分に負担がかかり痛みをおこします。その状態を成長痛と呼んでいるんです。

まぁ、靴の選び方なんて教えてもらう機会はあまりないですからね…。原因がわからないのも仕方がないのかもしれません。

みらいクリニックでは靴の間違いを正すことで、成長痛を改善した子どもさんを多くみています。

子どもさんが痛みを訴えてきたら、まず靴を確認してあげてください。

上靴の弊害

子供の靴の問題と言えば、避けて通れないのが上靴(上履き)です。小学生以上の子どもさんの成長痛であれば、上靴による弊害と言っていいかもしれません。

上靴は基本的に、靴と足をしっかり固定できないものが多いです。履いているだけでも、脱げないように足指を屈めてしまいます。

そして、靴底もペラペラなので歩く時の衝撃を吸収してくれません。

ハッキリと言えば、カラダを壊す原因になるので長時間の使用はさけてほしいと考えています。

「上靴の長所は安いことだけだ」と言っている方もいらっしゃいますが、その通りだと思います。成長期の子どもたちの足を守るための靴ではありません。

いちトレーナーとして上靴もですが、体育の時間におこなう行進なども、カラダの使いかたを間違ってしまう子どもがふえる原因になっていると考えています。

成長痛撲滅のためにも、これからも上靴の危険性については発信しつづけます。

子ども靴の選び方

子どもさんの靴の選び方については、基本的には大人と一緒です。捨て寸が少し変わるので、覚えておいてください(^^♪

子供靴の場合は0.5~1.0cmプラスしたサイズが適正となります。その他詳しくは下記のリンクをご覧ください。

カラダを守る靴の選び方

そして上記のとおり、子どもの足は一年に2センチほど大きくなると言われています。

季節ごとに靴を見直してあげてください。ブランドの高い靴を履く必要はありません!とにかく、サイズが合っていることが一番重要です。

周りに痛みで困っている子どもさんがいらっしゃれば、ぜひ靴を見直してください。

痛みや成長痛の原因というのは、日常のちょっとしたことの場合も多いんです。

「生活習慣病」と言い換えても良いのかもしれません。どの靴が影響を与えているかはっきりしない場合は、「一日の内で一番長く履いている靴」に着目して下さいね。

■【ブログ】成長痛?オスグッド病?お子様の足指曲がっていませんか?

子どもも親も苦しめる成長痛

開けましておめでとうございます。2018もどうぞよろしくお願いします。痛みと姿勢の外来担当の石田です。

みらいクリニックの痛みと姿勢の外来を受診される子供さんが長期休みの時は増えますね。

子ども好きな私としては、非常にツラいことです。

子どもは病院にいるより、元気に遊んでいる姿が似合いますよね。保護者の方としてもとてもつらい状態だと思います。

痛みに悩む子供が一人でも少なくなるように、これからも「足育」分野の情報を発信していきたいと思います。

私もスポーツ傷害で悩んでいました

じつは、成長痛には私自身かなり悩まされました…。本当につらい時期を過ごしました。

だからこそ「成長痛」やスポーツ傷害で、痛みのために体を動かせないことのつらさが良く分かるんです。

以前ブログにも書きましたが、成長痛は原因不明なんかではありません。

(気になる方は下記のリンクを参考になさって下さい。(^^♪)

ほんとうに、少しのことで痛みを解消することができます。私たちの仕事は、そのことをきちっと指摘出来るかどうか難です。

そして、子どもさんが痛みに悩む前に、お父さんお母さんなど保護者にもにできることがあります!

成長痛などでお困りでしたら、最後までお付き合いください。

苦しむ前に足指を観る・診る

姿勢の悪さと、足首の痛みで受診に来てくれたA君。

バスケットボールの練習を頑張っているんですが、小趾の痛みでうまく動けないと悩んでいました。

私もバスケットボールをプレーしているので、とても他人事じゃありませんでした^^;

痛みの原因はどこにあるのか、探っていきます。

石田
A君、こんにちは!痛みはいつから?
だいたい…3~4か月前です。
石田
痛みが出る前に、靴を変えたりしてない?
いや、半年以上変えていません…
石田
あ、それが原因だよ
???

ということで、A君の靴を見せてもらいました。

靴を診断する

痛みと姿勢の外来では、傷む場所ももちろんですが、その原因となったことを細かく追求していきます。

今井院長による体の診察はもちろんですが、石田の方では足下に着目してみていきます。

そうすると見えてこなかったものが見えてくるんです。

A君の靴が怪しいと感じましたから、さっそく靴の「診察」です。

靴を外から、中から診察していきましょう。

インソールについた足形に注目

小指の部分に穴が…

まず、インソールです。

足指形がインソールの前方ギリギリまで付いていますよね。

これは靴のサイズが小さいか、靴ひもが緩いかのどちらかです。

靴ひもが緩いいと、足が前に滑ってしまいます。

それによって屈み趾を発症してしまう原因にもなります。

また、小指の部分に空いた穴

これは小指が靴に当たっているから空いたものでしょう。

物を大事にすることは大事ですが、自分のカラダに合った道具を使うことの方が大事です。

この靴に足を入れていたA君の足がこちら。

足指の間は空いていますが、地面に向かって曲がっています。

まぁ、予想通りですが指が曲がってしまっています^^;

屈指症くっししょうと言われる状態です。

そして、彼がはいてきたインソールに足を乗せてみると…

全くサイズが合っていませんでした(+_+)

インソールから足がはみ出しちゃっていました。

これが私が冒頭でAくんに伝えた「靴を半年以上変えていないから」ということの答えなんです。

子供の成長は早いですよね。

足の大きさも日々変わっています。

季節ごとにちゃんと靴を変えてあげることが大切です。

痛みはすぐに改善した

A君ですが…

正しい靴のサイズゆびのば体操&ゆびのばソックス

を伝える、指導すると痛みはすぐに治まりました。

Aくんのホッとした表情が印象に残ります。

原因不明と言われると、どんどん心配になりますが、Aくんの症状の原因は文字通り足下にあったんですね。

痛みがある部位をみるだけでなく、原因を探してあげること。

そして、多くの場合原因は足にあることを覚えておいてください。これを専門的に行っているのが「痛みと姿勢の外来」なんですね。

今井院長も言っていますが整形外科ならぬ、整形内科的な診療と言えます。

お子さんが痛みなく成長できるように、足をしっかりと観てあげてください。

足指は伸びて広がっている

これは子どもさんだけではなく、大人も一緒です。

足指は広がって伸びているのが、ニュートラルな状態。

外来にお越しになる方が口をそろえて言われる事があります。

足指なんか見たことないし、大事だとは思わなかった。

そうですよね^^;

私もクリニックに来るまで、ここまで体に影響を与えているなんて考えたことはありませんでした。

逆立ちで考えるとわかりやすいですよね。

逆立ちの時の手のかたちは?

ちょっと見にくいですが、パーですね!

足指もシッカリと伸ばして、広げることが大切なんです。

ゆびのば体操で簡単予防

最後に、子供の成長痛を簡単に予防する体操をお伝えします。

ゆびのば体操で足指を優しくストレッチ(^^♪

詳しくは下記のリンクへ!

ゆびのば体操で足指ストレッチ

体操で足指を伸ばしても、カラダに合っていない靴や靴下を使ってしまうと、効果がうまく発揮できません。

クリニックではゆびのばソックスを併用することをお勧めしています。

足指をやさしく伸ばして、広げてくれます。

 

 

簡単にできることで、子供のカラダを守ることができます。

気になる方は、お子さんの足指を観てあげてください。

もし足指が丸まっていたら、ゆびのば体操&ゆびのばソックスを試してください。

成長痛でお困りの時は、痛みと姿勢の外来へお問い合わせ下さい。

またより専門的な院内研修・院内セミナーなども私が直接訪問させていただいております(時間などには応じます、お気軽にご用命下さい)

最終更新日:2018/12/27

お問合せ

執筆・監修 医師 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内

amazon著者ページ