世界一受けたい授業のご視聴ありがとうございます

みなさん信じられますか?

足の指を広げるストレッチをするだけで、79歳のおばあちゃんが男性を支えられるように!?

こんなセリフで始まった10月27日放送の「世界一受けたい授業」。放送冒頭の写真でビックリした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらの小野里きぬさん(79歳)。私がお目にかかったのは今年の7月でした。足指のばしの撮影モデルさんを募ったところ賛同していただきました。

ゆびのば体操(足指のばし)をするとその場で私を担げるほどに変化しました。

ちょっと考えられませんね。スタジオで出演者の有田さんが「CGみたいで嘘くさい」と言っていたのも良く分かります。

私の担当は「保健体育」でした。

腰痛や肩こりの原因は「足の指」

アトピーや喘息などの原因も「口呼吸」が原因のことがあります。

アトピー性皮膚炎

そう考えると、腰痛、膝痛、肩こり、猫背なども別の場所に原因があることも!

それが足指なんですね。

足指の変形としては外反母趾、内反小趾、かがみ指、開張足、扁平足などなどあります。

足指の変形が間接的に体のその他の部位に大きな影響をおよぼすのです。

だから「足指のばし」なんですね。

足底筋膜炎やアキレス腱炎、成長痛などにも大きく関与しているのが足指の変形です。

ぜひ書籍でチェック!!

吉本実憂さんの体も変わった

当日の放送は、私は京都の講演に出ておりましてリアルタイムで見ることが出来ませんでした。

収録の日は、鼻の頭にでっかいニキビができてしまったのですが(緊張で笑)何とかメイクさんがごまかしてくれました。

本番で吉本実憂さんの足指を優しくストレッチして(ゆびのば体操)、、、、さてどうなるか。

できた~~~~

この表情がびっくり度合いを物語っていますね。

これで有田さんにも信じてもらえました。

出演者の足指を見せてもらったのですが、皆さんご苦労しておられる(>_<)

足は嘘をつけませんからね。

生活習慣がそのまま出てしまいます。

しかし、松本幸四郎さんのアーチは立派でした。

さすがにいつもお稽古で動いておられるからでしょうね。

歌舞伎役者がハードな仕事というのがすぐに分かりました。

もっと詳しく知りたい方は、、、

ぜひ書籍をお求め下さい。Kindle版も発売されています。

またフットコーディネーターの中元幸美先生がブログで紹介して下さっていますからそちらも参考になさって下さい。

世界一受けたい授業 足指ストレッチ、足についてわかりやすく解説 足が痛い、ひざ腰が痛い人必見!番組内容

皆さんがいつまでも歩いて行けますように!

足指をのばしていきたいですね(^^)

さらに相談したい、自分の足指がどうなっているのかみてみてみたいという方は

「足指のばし」のサイトをごらん下さい。全国で相談できる施設が掲載されています。

みなみらいクリニックでセミナーを受けて、フットケア、シューズケアに精通しています。

ゆびのばソックスの相談もできますよ。ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

投稿者プロフィール

今井 一彰
今井 一彰医師 みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
内科・アレルギー科・リウマチ科
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内
プロフィールページへ
amazon著者ページ

関連記事 こちらもどうぞ!

末広がり型と開張足について 「足腰が20歳若返る、足指のばし」を発売しました。ありがたいことに全国でよく売れ...
世界一受けたい授業(日テレ、10月27日)に出演。足指ストレッチで吉本実憂さんが72キロの男性(私、... みらいクリニックの今井一彰です。10月27日(土)に日本テレビ系列で放送される「...
手押し車から足指の大切さを知る 内反小趾、この言葉をはじめて聞いたという人も多いことでしょう。 とても有名...
靴ひもこそ大切 しっかりしておいてほしいもの、それはひも(紐)です。靴ひもは、靴と人体を...
足はゆっくり壊れていく~みらクリ院内勉強会~動画... 足はゆっくり壊れていく 「足腰が20歳若返る 足指のばし(かんき出版)」刊行に...
ソックスもパフォーマンスを上げる貴重なアイテムです... スポーツのフィジカルパフォーマンスを上げるために重要なものは何でしょうか。そう、...
足指の変形は生活習慣病です 足指と生活習慣病、なんだか結びつきませんよね。 生活習慣病といえば、メタボ、...
健康でいたければ鼻呼吸にしなさい 週刊女性自身に口呼吸に関する記事が掲載されました。その第三弾です。 ...
口呼吸を鼻呼吸に矯正する顔の体操と口テープのやり方... 週刊女性自身に口呼吸・口テープに関する記事が掲載されました。 寝る時の口閉...
ゆほびか2018年9月号 最高の快眠術 眠る、睡眠負債という言葉が脚光を浴びています。良い睡眠ができないことが体を徐々に...