5本指ソックスの良さってなに?医師に聞いた

教えてgoo!に「五本指ソックスの良さってなに?医師に聞いた」にコメントを寄せました(5/14付け記事)。

リンパ浮腫や下肢静脈瘤などに対する弾性ストッキングや包帯の使用方法をアドバイスする専門家はいますが、医師で五本指ソックスの専門家はそんなにいないということで、私に白羽の矢が。

靴も大切なんですが、靴を履く前にすでに靴下やストッキングで足指が変形してしまっていることが多いため、適切な靴下選びをすると靴のサイズが変わることがあります。

これは靴屋さんもあまり知らない事実です。裸足とストッキングだと5mm程度は余裕で変化します。

これは冷え取り健康法などで靴下を重ねばきしたときにも言えます。靴下を重ねばきすると、靴のサイズは大きくなりますが、それにあわせて大きくする人は少なく、かえって足指を曲げてしまってさらに冷えるという悪循環に陥っている人を外来でも見ます。

今回は、5本指ソックスの利点と欠点を専門家の立場から教えて欲しいと言うことでした。

記事中にかけなかったことを補足しながらブログで紹介します。

教えてgoo!の記事はこちら。

記事中の五本指ソックスの写真も、こんな感じのを使って欲しかったなあと思います。

あのちょっとダレた感じの五本指ソックスはいただけませんね(個人の感想です)。

指が五つに分かれていれば良いわけではない

5本指ソックスは、五つの足指がそれぞれはいるように作られているのですが、製法にも材質にも違いがあります。

用途によって使い分けることが大切です。

例えば指袋の所と靴下本体は別に編み上げて、二つを縫い合わせる方法だったり、足指先から全部一体型の設計をして(靴下にも設計図があるんですよ)トータルで編み込んでいく方法だったりもあります。

ゆびのばソックスは、もちろんつなぎ合わせずトータルで編み込んでいきます。こちらの方が時間もコストもかかります。

最近では、ゴアライン(踵のライン)が無いものの方が少なくなりましたが、まだまだ軍足と呼ばれるような、ただ5股に分かれているだけのものも存在します。

100均などで安価で販売されているものはどうしても大量生産をしないといけないため5股に分かれているだけのものが多いですね。

素材も綿やシルクといった天然素材もあれば、化繊もあります。コストも違ってきますね。

ですから、一口に5本指ソックスといっても違いが無数に存在します。お空のお星様のようには多くありませんが。

水虫だとか、足が臭くて、、、なんて場合は5股に変われているだけのものでも充分なこともあります。

足底の滑り止めのゴムでかがみ指になる可能性が

私も色々な方からアドバイスをいただくことがあります。

その中でも多いのが「ソックスの底に滑り止めのゴムを付けたらどうですか」というもの。

もちろん”専門家”笑、としてこれまでもいろいろ試してみているんですよ。

ところがこの滑り止めのゴム素材ですが、二つの点でお勧めしません。

一つは、滑り止めがあることで「滑りにくくなり」(当たり前ですが)、それがストッパーになってしまってかがみ指を作ってしまうんです。

足指が屈んでしまっているかがみ指は、リラックスした立位状態でも見られることがあります。

動作時や靴を履いたりしているときだけではないんです。

下の写真の方も、”普通に”断っているだけなんですが2.3趾は極端に屈んでいますね。

これが安静時かがみ指です。足先のしびれや痛みといった症状が出ることがあります。腰痛にも繋がります。

滑り止めのゴムは、踵だけのほうがよいでしょうね。

そしてもう一つの理由。

それは、滑る素材を使用するから滑り止めを使わないといけなくなるんですね。

なのでゆるゆるしたはき心地のものや化繊ではどうしても滑りやすくなってしまいます。

同じシルク素材でも生糸のようなツルツルしたものとザラザラしたものがありますね。どちらが足下にあると滑りやすいかというとツルツルシルクの方ですね。

ツルツルシルクをソックスに使うと滑りやすくなってしまいます。ですから、滑りにくい素材の選択が大切になってきます。お休みの時にはツルツルシルクが肌触りも良くて気持ちいいですね。

歩くときや普段ばきには綿やざっくりシルク(絹紬糸)がいいんですね。これだとわざわざ滑り止めを付ける必要がありません。

そしてしっかりと足指が伸びるときちっと止まれるようになります。

滑り止めのゴムがついている五本指ソックスをはくときには上記の点に注意して下さい。

浮腫みにくいものは足首にシワが寄らないかチェック

靴下をはいているのに冷える、浮腫むという人もいますね。だから重ねてしまう。

そうすると足指がさらに屈んでしまって血流が悪くなり冷えもひどくなってしまうこともあります。

ソックスの重ねばきはあまりお勧めしません。寒くても手袋の重ねばきなんてすることはありませんよね。

指が動かせなくなってしまっていろんな動作がしにくくなります。これは足も同じです。

また浮腫んでしまう原因の一つに足首部分のシワがあります。

足首のところが足の形に添ってピタッとフィットしているかどうかをチェックしましょう。

下の写真のように立った状態でもスネから足の甲にかけてシワにならないものがより浮腫みにくいと言えるでしょう。

立った状態で下の写真のようにシワが寄っていると、これがそのまま皮膚の形になってしまってむくみや時として皮膚のびらん(上皮が擦れてしまう)に繋がります。

さらに下の写真のように立位ではなく、だらんと力が抜けた状態でもシワが寄っているものもあります。

あなたの今はいているソックスはどうなっていますか?

今回は、教えてgoo!の記事にちょっと補足して、五本指ソックスについて書いてみました。

今回のような取材などのお問い合わせは「お問い合わせページ」からお願いいたします。

フットケアセミナーやゆびのばソックスアドバイザーセミナーも行っております。

もっと深い内容を知りたい、靴のこと、歩行のことなどを知りたいという方はゆびのばセミナーもご覧下さい。

ゆびのば®セミナー

Follow me!

投稿者プロフィール

今井 一彰
今井 一彰みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
内科・アレルギー科・リウマチ科
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
息育、足育に精通
812-0013 福岡市博多区博多駅東1-13-31-6F
プロフィールページへ
amazon著者ページ

PR - 今井院長が開発した矯正5本指ソックス

スポーツや外反母趾の矯正、ひざ・腰の痛みに効果的。足指袋の特殊な構造により変形した足指をきちんと伸ばしていく「ゆびのばソックス」通販『ゆびのば.com 』