姿勢を壊す浮き指が増えている

浮き指とは

浮き指とは、本来それぞれ地面に接して機能をしている足の指が一本あるいはそれ以上地面に接していない状態です。

この浮き指を持つ人が増えています。今回は浮き指の話を書いてみます。

大人のみならず、小学生の高学年ともなると8割の児童に浮き指が見られるという調査もあるくらい、浮き指はポピュラーな足指の変形です。

どんな状況で見られるかというと・・・

下の写真は姿勢が悪い、猫背ということで受診をしてきた11歳女児の足の写真です。

小趾が地面から浮いているのがわかります。こういった姿勢にも浮き指が関係しています。

11歳 女児 小趾浮き指

なんだこんなもんかと思いましたか?

でも私たちは、この浮き指が体に大きな影響を与えると考えています。

この女の子のように、こうような浮き指になると体の重心が踵側に移動してしまって、反り腰やストレートネックとなり、さらには肩こり、首こりなどの症状が出る場合があります。

実際この児童にも首こり、肩こりがありました。

肩こりなんて高齢者の悩みじゃ無いの?と思った方、そんなこと無いんです。小学生でも慢性的な首こり、肩こりに悩まされる子ども達がたくさんいます。

近年私たちのところへの相談も増えてきました(痛みと姿勢の外来(フットケアセンター)。

相談の内容は、猫背やストレートネック、成長痛、オスグッド病など様々ですが、足指の変形として浮き指は見過ごせません。

浮き指の何が悪いのか?

では、なぜ浮き指は悪いのでしょうか。

足、脚は巨大な筋肉が付いているので、ちょっとやそっとでは疲れたり、バランスが悪くなったりしません。

これが浮き指の問題を隠してしまっています。

浮き指は、体のバランスを崩してしまいます。

歴史的には、前足部にあったヒトの体の重心は、歴史が下るにつれ徐々に踵側に移ってきて、一説には平安から江戸を境として(かなりの時代の幅がありますが)、中央部から踵の方へ近づいていったと言われています。

そして現代ではより踵の方へ移ってきています。そうすると重心がどんどん後ろに移ってきて、あと数十年もすると立てなくなってしまうのじゃないかと考えている研究者もいるほどです。

浮き指は、足指が使えていない、使っていない証拠でもあります。手の指が使えないと日常生活に支障が出るように、足指も使えないと体を支えることが出来ず、下半身に無理が生じてしまいます。

講演では立っている状態を逆立ちに例えて説明します。

このたとえの始まりは、もう10年ほど前になります。

たまたま私の子どもが通っていた小学校の英語教材の先生に「英語で逆立ちってなんて言うんですか」と聞いたところ、「hand stand」と言われ、「なるほど!」と膝を打ったのが始まり。

手で立つことを考えたら、手指は広げて伸びておかないとダメだよね、と思い立ち講演会などで比喩として伝え始めたところ、分かりやすかったのか今では多くの方が私の比喩をまねて同様のたとえでお話しをするようになりましたね。

浮き指はどうやって判断する?

この姿勢を悪くしたり、肩こりを起こしたりする浮き指をどうやって判断、診断するかを説明します。

浮き指の判断は、ずばり立ったときに「足指が浮いているかどうか」です。

つまり地面に着いているかどうか。触れている程度でも浮き指と判断します。

この状態をより詳しく解析したいと思ったら、フットプリントを見たり、最近だと足圧計でより分かりやすく判断出来ます。

例えば下のフットプリントを見ると、3本の趾が接地していないことが分かります。

親指と第4趾のみ接地しているのが分かる。

また最近では、サーモグラフィのような色つきの画像で、足指が着いているかどうかを判断する機械もありますね。

私たちも、いくつか購入しようと使用機で試してみたのですが、結局は購入せず、今でも使いません。

色々な理由がありますが、ここは割愛。

靴屋さんでは良く行われるフットプリントですが、採取するのも専用の道具が要りますから気軽には出来ません。

では、どうするかというと・・・

これです。

座った状態で、第2~5趾の先に紙切れを滑りこませてみる

です。

これは私たちが使っている趾の機能チェックシートの一部です。

主な症状として、トイレでしゃがみにくい、めまい、ふらつき、運動が苦手、踵の痛み、足の甲がピリッと痛くなるなどがあります。

椅子に腰掛けて、足を床に着けた状態で紙が滑り込んでいくかどうか確かめましょう。

これは他の人に紙を操作してもらった方が分かりやすいです。

浮き指の簡単チェック方法

結構奥まで紙が滑り込む人がいるんですよ。

自分でやってみるとビックリするかも知れませんよ。

これが浮き指の簡単チェックです。

子ども達の足指が浮いていく

では姿勢と浮き指がどのように関係しているのか実際のケースで見て行きましょう。

下の写真は、内反足と姿勢が悪いと言うことで受診してきた女児です。

近くの医院では、関節内のステロイド注射と安静を保つ指示がありましたが、一向に改善する気配がありません。

「レントゲンでは異常ない」

こんな時の常套句です。

レントゲンで異常が無ければいいのか、他の異常は関係ないのか。

症状が有ると言うことは、何かがおかしいと言うことですから、それを探していくのが臨床医だと私は思います。

ところが、レントゲンで異常ない、では関節注射をしましょうというのが現代の治療です。

レントゲンで異常が無ければ、どうして痛がるのだろうと不思議に思い、その原因を追及していくのが医療だと思うのですがね。

関節注射も小学生の児童に、すぐ行うべき治療ではなさそうです。

彼女の家族も何だかへんだぞ、ということで相談に見えました。

親指さえも床に着いていない

足指の写真を見るとかなりの浮き指であることが一目瞭然です。

レントゲンでは異常ありませんが、生身の体を見ると姿勢の悪さ、足指の異常はすぐに分かります。

しかもレントゲン被曝もありません。

さて彼女の問題点を把握し、実際にどうやって改善をしていくのか、家庭でのセルフケアや気を付けることをお伝えしました。

すると2週後には、足指は床にしっかりと付くようになり、歩行、姿勢の改善が認められました。

浮き指が改善した

歩き方や姿勢といったものも、「足指変形の結果」でしかない場合があります

足指が変形していると、その上に乗っかっている足、腰、背骨、肩、首にもその変形が伝わって行ってしまい、様々な問題を起こしているかも知れません。

体の土台を見ることはとても大切ですね。

乳幼児の浮き指も増えている

さて、この浮き指問題、小学生であれば学校の上履きが「隠れた犯人」として挙げられることが多いです。

学校の上履きは、変な慣習が広まっただけのものであり、けっして体のことを考えた靴ではありません。

浮き指を改善するには出来るのであれば、上靴をまともな靴に置き換えるべきです。

じゃあ小学校になってから気を付ければいいのではと思うかも知れませんが、それでは遅い場合があります。

みらいクリニックにも乳児の足指変形、浮き指での受診が増えてきています。

この子の足指を見ると、第2趾が浮いてねじれているのが分かります。

子どもはここまで変形しても痛みを感じないことがあります。

親が注意深く観察しなければなりません。

この子は受診当時4歳でした。痛いとかしびれるとか症状は全くありません。

でも知らず知らずのうちにこんな変形が進んでいるんですね。

4歳児、足指が変な方向に曲がっている

この子の浮き指の原因は、「靴の間違い」でした。

またこの靴の間違いについては、稿を改めて書いてみます。

浮き指を改善するために

ではこの浮き指を改善するために出来ることは何でしょうか。

  1. 悪いことを止める
  2. 良い方向に改善させる

この二つしかありませんね。

浮き指にとって悪いこと、靴の間違い(サイズや扱い方)、靴下の間違い(筒状靴下、ストッキング)などの状態を把握して、それらの悪影響を与えている部分を無くしていくことが先決です。

そして、良い方向に改善させるにはもちそん「ゆびのば体操」ですね。そして持続的に足指を伸ばすにはゆびのばソックスが役に立ちます。

この二つの基本事項が守られれば良いのですが、その悪い部分を探して問題点をあぶり出したり、その方にとっての適切なゆびのば体操を指導したりという所に痛みと姿勢の外来の意義があると思います。

ご相談は全国のアドバイザーへ

私の足指どうかな?心配だなと言う方、わざわざみらいクリニックやゆびのばひろばへわざわざお越しいただかなくても良いかもしれませんよ。

全国にいるゆびのばソックスアドバイザーに相談していただいても解決できるときがあります。あなたのお住まいの近くにいるか確認してみて下さい。

みらいクリニックのフットケアセミナーを受講し、足や靴についての知識習得に努めている施設、方々のリストです。

こんな施設が全国に増えて行けばもっと歩くのが楽しくなる社会が出ていくと思います。

フットケア、スポーツ歯科の講演会

さらに!

足育、フットケアに興味のある方は2017年12月23日 福岡市で特別講演会を行います。

ぜひご参加下さい。私がお伝えする第二部は参加無料です。

第一部からの参加はこちらからお申し込み下さい

 

スポーツ歯科分野の草分け的存在でもある大分の近藤剛史先生と私でお伝えする「歯科&趾科セミナー」

二つの「シカ」で体が変わりますよ。

ぜひ会場でお目にかかりましょう!

 

Follow me!

投稿者プロフィール

今井 一彰
今井 一彰みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック(JR博多駅すぐ)開業
プロフィールページへ
amazon著者ページ

今井院長が開発した矯正5本指ソックス

スポーツや外反母趾の矯正、ひざ・腰の痛みに効果的。足指袋の特殊な構造により変形した足指をきちんと伸ばしていく「ゆびのばソックス」通販『ゆびのば.com 』