ポッコリお腹改善!姿勢を正して美ウエスト

お腹ポッコリしていませんか?

クリニックでパーソナルトレーニングを始めて、改めて思ったこと。

みなさん下腹部のポッコリをかなり気にしてるんです。

女性は、幾つになっても女性ということですね。

Mさん
膝の痛みがとれれば…

というニーズで始まったMさんのトレーニング。

昨日で7回目のトレーニングでしたが、膝の痛みはすっかり出なくなってきました

そんなMさんから新しい目標が出てきました。

Mさん
石田さん、下腹部のお肉をどーにかしたいんだけど…

痛みが消えて満足ということではなく、より良い状態を求める。

すごくいい傾向ですね!

ポッコリお腹の撃退方法をお伝えしたところ、その日のうちに3.5cmお腹が縮みました(笑)

Mさん
こんな簡単なことでお腹が細くなるんですね!

と喜んでいただけたので、ブログで紹介したいと思います。

姿勢とウエストの関係

まず、Mさんにお伝えしたのは姿勢とお腹の関係です。

きれいなウエストを作るには、きれいな姿勢が必要不可欠です。

ポッコリお腹が気になるという方のほとんどが、真っすぐ立てていません。

骨盤が前に倒れていたり、後ろに倒れていたり。

いわゆる、猫背や反り腰という状態になってます。

骨盤が正しい位置にいないと、姿勢を崩すだけではなく痛みに繋がってしまいます。

 

それだけではなく、お腹の筋肉の働きが弱くなってしまいます。

とくに腹横筋とういう、ガードルのような形をした筋肉が弱くなる傾向があります。

そうなると、お腹の中にある内臓が重力に負けて下の方に下がってきます。

その状態を内臓下垂と言います。

この内臓下垂こそ、ポッコリお腹の正体なんです。

ポッコリお腹を撃退したい方は、まず姿勢を意識してください。

でも自分ではまっすぐ立っている「つもり」なのに、真っ直ぐ立ててないと言われてもどうやって良くすれば良いか分かりませんよね。

大丈夫です!

姿勢チェック

それでは自分でも出来る姿勢チェックの方法をお伝えします。

一番簡単なのは、壁立ちですね。

踵を壁につけて、張り付くように立ってみましょう。

意識してほしいポイントは以下の通り。

  1. 踵を壁にくっつける。
  2. お尻を壁にくっつける。
  3. 両肩を壁にくっつける。
  4. 後頭部を壁にくっつける。
  5. 腰と壁の隙間は手のひら一枚分。

簡単そうでしょ?

でも、これができない人が多いです。

できたとしても、全身の筋肉がぎゅーっとリキんだ状態になってしまいます。

Mさんにも早速やっていただくと、腰と壁の間に大きなスペースが空いていました。

石田
Mさん、腰のスペース埋めてみてください。
Mさん
んー、これお腹がきついですね(^^;
石田
きついですよね!ふだん、お腹がサボっているのがわかりますよね?笑
Mさん
はい…(^^;

このチェック方法をリラックスした状態でできるようになると、お腹はぺったんこに近づきます。

 

ちなみにMさん、エクササイズ後にもう一度やってみると…

リラックスした状態で、きれいに張り付けました(^^♪

そして、なんとウエストは-3.5cm!!!

Mさん
うわっ、なんかズボンが緩い感じがする!

と今までで一番の笑顔を見せてくださいました。

ちょっとした意識って大切ですね。

呼吸を意識して姿勢改善

さぁ、現状がわかったところで、改善のためのエクササイズを。

Mさんにやっていただいたのは良い「呼吸」です。

呼吸なんて誰でもやっていますよね。

ただ、僕からすると正しく呼吸ができていないんです。

呼吸は無意識でもできるし、意識してコントロールすることもできます。

まずは意識して呼吸の質を上げてみましょう。

 

やることはすごく簡単です。

まず、大きく息を吸ってみましょう。

限界まで吸ってくださいね!

そして、リラックスして吐きます。

大きく息を吸うと、胸が広がってお腹が上に持ち上がりますよね?

わかりにくい方は、手をお腹において動きを確認してみてください。

大きく息を吸ってお腹がが持ち上がったら、その位置をキープして吐いてください。

 

これだけで、姿勢は良くなるし、お腹が縮みます。

もちろん、継続が一番大事!

細かいことをいうと、呼吸は鼻呼吸がいいし、この状態で歩いた方がより効果的です。

足元を調えることも大事!

なかなか感覚がつかめないという方はパーソナルトレーニングを(^^♪

私があなたの問題点を指摘して、よりよい体作りを提案させていただきます。

そしてあなたの目標まで最短、最善の方法をご提案いたします(自費診療です)

持病をお持ちの方でもお気軽にご相談下さい。

個別運動指導(自費診療)のお知らせ

投稿者プロフィール

石田力
石田力みらいクリニック 痛みと姿勢の外来担当 フレイル外来トレーナー
・加圧インストラクター

関連記事 こちらもどうぞ!

足裏のタコを削る前にできること。靴ひも、しっかり結んでる?... 足裏にできるタコ、医学用語だと胼胝(べんち)と言います。これに芯ができていたくな...
末広がり型と開張足について 「足腰が20歳若返る、足指のばし」を発売しました。ありがたいことに全国でよく売れ...
11月の講演 金沢・山口・大阪・石垣 11月の講演の予定をお知らせいたします。 各地のお問い合わせは、チラシ掲載...
スクワットで腰や膝を痛めてしまう方は、スクワットの前に足指ストレッチ... スクワットで膝や腰を痛めてしまう方は、トレーニング前の準備運動に足指のストレッチ...
世界一受けたい授業のご視聴ありがとうございます... みなさん信じられますか? 足の指を広げるストレッチをするだけで、79歳のお...
世界一受けたい授業(日テレ、10月27日)に出演。足指ストレッチで吉本実憂さんが72キロの男性(私、... みらいクリニックの今井一彰です。10月27日(土)に日本テレビ系列で放送される「...
足が太くなる足指の変形 足指が変形してしまうと、足首やふくらはぎも太くなってしまいます。 「浮き指...
やりたいことをやるためには、元気なカラダが大事。... やりたいことをやるためには、元気なカラダであることが第一です。 3年間、カ...
手押し車から足指の大切さを知る 内反小趾、この言葉をはじめて聞いたという人も多いことでしょう。 とても有名...
ストロングぴろぴろ・超健康法発売 主婦と生活社からストロングぴろぴろ・超健康法(税込1,058円)が発売されました...

執筆・監修 医師 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内
プロフィールページへ
amazon著者ページ