扁平足

扁平足とは、筋力不足などによって土踏まずが潰れている状態をいいます。筋力不足以外にも、踵のズレによる外反扁平足という状態もあります。

足の土踏まず(アーチ)が潰れてしまうと、衝撃を吸収することができなくなるために、膝や腰を痛めてしまう二次的な問題に繋がらないように注意が必要です。

扁平足は、体力がないとか運動神経がないとかいわれますが、小さい頃に形作られていることが理想です。ところが近年では、土踏まずの形成率が落ちてきていることが問題となっています。

みらいクリニックでは扁平足改善の為に、靴選び、歩きかた、矯正用ソックスをお伝えしています。また、筋力をつけるため、短時間で高い効果が期待できる加圧トレーニングをオススメしています。

扁平足とは

扁平足とは、上図のように土踏まずが潰れている状態をいいます。

椅子に座っている状態(非荷重)では、土踏まずがしっかりしていても、足に体重をかけた状態(荷重)になると扁平足になってしまう方もいます。

また、足首や踵のねじれによっておこる外反偏平足の方も多くみられます。

足が疲れやすい、浮腫む、冷えてしまうという方は、偏平足の可能性があります。

扁平足の原因

扁平足の原因は、足指の筋力低下です。筋力が低下する要因として、歩きかた、靴の間違いなどが考えられます。

足指が使いにくい大股歩きになってしまうと、歩くたびにドスドスと音がしてしまったり、つま先が上がりにくくなり転倒のリスクも増えます。

靴にも同じことが言えます。サイズを間違えてしまうと、足指を使わずに歩かないといけなくなり、結果として足指の筋力が低下してしまいます。

扁平足により生じる問題

扁平足により生じる問題として、足のむくみ、だるさ、疲れやすい…などが挙げられます。

扁平足になってしまうと、歩くたびにつよい衝撃がカラダにかえってくるため、膝、肩、腰などを痛めてしまうことにも繋がってしまいます。

車のサスペンション(ショック吸収)をイメージしてみてください。もし、車にサスペンションが無いとどうなるでしょうか?路面からの衝撃や振動が車に伝わるので、乗り心地が悪くなってしまいますし、故障に繋がってしまいます。

それは車だけでなく、私たち人間のカラダにも同じことが言えます。

みらいクリニックがご提供する扁平足の解決方法

みらいクリニックでは扁平足改善の為に、靴選び、歩きかた、靴下についてお伝えしています。

足を包んでいる靴下と靴によって、足指が使いにくくなっている方が多くいらっしゃいます。足指が動かせない状態が続くと、土踏まずを作っている筋力が低下して扁平足になってしまいます。

まずは足指を使える状態にすることが重要です。そして、足指をしかりと使うことが扁平足の改善に繋がります。

また、効率的に筋力アップを行うために加圧トレーニングをおススメしています。週に一回のトレーニングで、高い運動効果を得ることができます。

扁平足でお悩みの方は、私たちにお任せください。

診療案内

ご予約はお電話でのみ受付092-415-2153診療時間
9:30-13:00 14:30-18:30
(土曜は16:30まで)
受付は終了30分前まで
[ 日・祝日 休診 ]

メールでのお問い合わせはこちら ご予約はお電話でのみ受付

執筆・監修 医師 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内
プロフィールページへ
amazon著者ページ