お尻が垂れる原因は足元にあった!あなたの小指は大丈夫?

お尻が垂れる原因の1つに足指の変形があります。

とくに足の小指が変形してしまうと、お尻はテキメンに垂れてしまいます^^;

理由はいくつか考えられるのですが、私は下記の2つではないかと考えています。

  1. 骨盤のポジションが崩れてしまう
  2. 中殿筋(お尻の上部についている筋肉)が使えなくなる

みらいクリニックで、小指が使えるようになり、たれ尻が改善された方を多く経験してきました。

たかが小指…ではありません!

今日はお尻が垂れてしまう理由と対策を書いていきます。

なんだかお尻が垂れてきた…という方は、ぜひ最後までお付き合いください。

足趾が使えないと姿勢が骨盤の位置が乱れる

足指が上手く使えないと、姿勢が乱れます。

一般的には、猫背や反り腰になってしまいます。

猫背になってしまうと、骨盤が後ろに倒れてしまいます。

骨盤が後ろに倒れてしまうと、それだけでお尻の位置が低くなってしまいます。

それだけではなく、骨盤が後ろに倒れてしまうと大殿筋という大きな筋肉の力が弱くなってしまいます。

 

では、反り腰になればお尻の筋肉が上手く使えるかというと、そうでもありません。

足裏全体に体重を乗せて、楽に立った時にお尻の筋肉は力を発揮します。

いつも書いているので詳しくは書きませんが、足指が使えないと姿勢が崩れてしまいます。

お尻をたらさないために、まずは真っすぐと立てる土台作りが必須です。

足の小指が使えないと中殿筋がサボる

セミナーや講演会の時におこなうバランステスト。

横からチェックをするときは、足の小指の働きをチェックしています。

足の小指がシッカリと働いていると、お尻の上部についている中殿筋という筋肉の力が強くなります。

中殿筋は、身体の左右バランスを調える筋肉です。

私は足の小指と中殿筋には、大きなつながりがあると考えています。

足の小指とお尻。

全く違う部位ではありますが、「アナトミートレイン」や「経絡の胆経」で考えてみるとつながりが見えてきます。

中殿筋がシッカリと働ていれば、横から押されたとしてもシッカリと押し返すことができます。

ですが、足の小指が上手く使えていないとフラフラとバランスを崩してしまいます。

上記の通り、お尻の上部の筋肉が弱くなってしまうため、お尻はドンドン垂れていきます。

キュッとお尻を上に持ち上げてくれる筋肉が働かないので、垂れるしかありません。

中殿筋が使えない状態でヒップアップできた方を、私は経験したことがありません。

 

ここまで、お尻が垂れてしまう原因を書いてきました。

あなた
原因はわかったから対処法を教えてよ!

と聞こえてきそうなので、私がオススメする対処法をお伝えします!

誰にでも簡単にできることなので、是非やってみてくださいね。

ヒップアップのためにその1

足裏の重心バランスを撮影すると、足指が使えていない方は足指が映りません。

この状態でいくらトレーニングをしたとしても、正しい効果を得ることはできません。

むしろ、身体の負担が増えて痛めてしまうこともあります。

なので、まずは「ゆびのば体操」「ゆびのばソックス」で足指のケアを!

足指は毎日身体をささえているので、毎日セルフケアとしておこなってください。

 

初めは足指が映らなかったとしても、半年ほど継続していると上図のように改善する方もいらっしゃいます。

ここまで足指が使えていれば、バランスよく立つことができ、トレーニングの効果も高くなります。

実際に私のパーソナルトレーニングを受けてくださっている方には、マストでやっていただいています!

 

ゆびのば体操の詳しいやり方は、下記をご覧ください。

ゆびのば体操で足指伸ばしストレッチ

ゆびのばソックスについては、下記をご覧ください。

五本指ソックス~医師が開発したゆびのばソックス

ヒップアップのためにその2

【ヒップアップ】美脚のを作るにはスクワット!ルールを守れば膝や腰は痛めません

ヒップアップのためにやるべきトレーニングは、スクワットです。

SNSなどで調べれば、いろいろなトレーニングが出てきますよね^^;

インフルエンサーと言われる人がオススメしている、マニアックなトレーニングもあると思います。

ですが、全てのトレーニングのベースにスクワットがあります。(と私は考えています)

マニアックなトレーニングも良いですが、まずはベーシックなスクワット。

スクワットが完ぺきにこなせるようになってから、マニアックなトレーニングに移行してください。

 

スクワットのフォームについては、下記のブログで書いています。

いまだに膝をつま先から出すな!と指導しているトレーナーが多くいますが、膝は前に出してOKです!

詳しくは、こちらをご覧ください。

常識を疑え!スクワットの時、膝はつま先より前に出せ!

ヒップアップの方法は、これでバッチリ!

あとは継続することが大事です。

キュッとあがったお尻を手にできるかは…あなた次第です!

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね♪

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram