産後の骨盤でお悩みのあなたへ~自宅でできる簡単な骨盤底筋群エクササイズ~

骨盤の歪みが気になるあなたへ

みらいクリニックの「痛みと姿勢の外来」(旧フットケアセンター)担当の石田です。

最近、姿勢を気にされている女性が増えています。

その中でも、骨盤のズレを気にされている方が非常に多い印象を受けます。

骨盤のズレは姿勢を崩すだけでなく、女性疾患にも繋がりまよね。

今日はそんなお悩みをお持ちの方に向けて書いてみたいと思います。

骨盤ってどんなカタチ?

まずは骨盤の形をみてみましょう。

骨盤は大きく分けると3つに分けることができます。

1:右の腸骨

2:左の腸骨

3:仙骨

脚長差(きゃくちょうさ:左右の足の長さの違い)もこの骨盤のズレから起こることが多いです。

(ちなみにこの画像は男性の骨盤です^^;)

骨盤の役割とは

骨盤の仕事は「内臓を支えること」「脊柱を支えること」です。

つまり骨盤のズレ=全身の問題に繋がってしまいます。

 

また、子宮も骨盤の中に入っています。

中身に問題がなくても、入れ物がずれている場合・・・

中身にも影響が出そうですよね?

骨盤は縁の下の力持ち

骨盤の問題をどのように改善していくかというと、「骨盤底筋群」をしっかり使うことをお勧めしてます。

読んで字のごとく、骨盤の底についている筋肉の集まりです。

これは骨盤を上から覗き込んだところ

この筋肉が緩むことで、内臓下垂を引き起こしてしまいます。

その結果、ホルモンバランスが乱れたり・・・。

しかーし!

筋肉は使えばしっかりと強くなります(^^)

レッツ、トレーニング♪

骨盤底筋群エクササイズ

「骨盤底筋群」のエクササイズで用意して欲しいものがタオルです。

タオルをクルクルと丸めます。

それを椅子の上に置いて・・・

その上に座ります!

実はこれだけでも効果は出ます。

・・・が、もっと効果を出すために腹式呼吸をしてみましょう!

ゆーっくり大きく息を吸ったら、ゆーっくり最後まで息を吐きます。

息を吐くときに、タオルが当たっている部分をギューッと締めてください。

イメージは、おしっことオナラを同時に我慢する感じです(笑)

 

これを1日20回を目途に行ってください。

骨盤の問題だけではなく、ウエストの引き締め効果も期待できますよ♪

最後に 体の土台にも目を向けて

骨盤はカラダの中心、要です!

ニュートラルな状態をキープしておきたいですね。

そのためにも、中心だけに目を向けるのではなく「土台」にも意識を向けてください!

足指が使えないために骨盤の問題を起こしている方も多くいらっしゃいます。

骨盤の問題を改善したいなら、「骨盤底筋群」「足指」に注目ですよー(^O^)/

趾の問題は、そう「ゆびのば体操」と「ゆびのばソックス」でセルフケアですね。

実際にどんなふうにやるのかちょっとむずかしそうなんて方は、ぜひ「痛みと姿勢の外来」でご相談ください。

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram