アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、何らかの原因物質(アレルゲン)が皮ふに異常を引き起こしている状態です。肌の乾燥が目立ち、肌の本来の外界からの刺激に対して体内を保つという機能が損なわれています。症状は肌の痒みと乾燥で、掻きむしってしまって傷になってしまうことがあります。

みらいクリニックでは、アトピー性皮膚炎に対してなるべく薬を使わない治療を行っています。

治療に関しては、院長監修のこの書籍も参考にして下さい。

口呼吸がアトピー性皮膚炎を悪化させる

カサカサ肌などの乾燥程度であれば保湿剤などで十分対処できますが、強い痒みやじゅくじゅくと浸出液がしみ出して来るような状態は通常、ステロイド剤や抗生物質などが使用されます。

 

ステロイド塗布剤も最初は効果の弱いものが効いていたとしても、徐々に効果が薄くなり作用の強いものに移行していくことがあります。

最強の塗布剤で効果がなくなると経口のステロイド剤が投与されることもあります。

アトピー性皮膚炎は、原因不明と言われていますが、当院では原因の一つに口呼吸があると考えています。

 

ハウスダストやダニなどの室内環境を改善しても肌状態が改善しないことも多く、体内環境を変えていくことも大切です。

 

その最初が口呼吸をやめていくことです。またスキンケアも大切です。なるべく肌を乾燥させないような工夫が大切です。

 

脱ステも慎重に

自分でステロイド塗布剤をやめていくことを略して脱ステと表現することがあります。薬を止めていくのは、そのための方法論が必要です。むやみに根性や気力でやめていこうとするのはあまりお勧めしません。そのような方が受診することがあります。

当院の治療により、きちんと鼻呼吸できる体を作る、体の中の炎症を抑えていくと言うことで、薬を使わなくなり、通院が不要になったというケースをこれまでも雑誌や書籍でたくさん紹介してきました。

 

できるだけ病院にかからない身体作りをみらいクリニックは提供しております。お子さんの場合は、石ケンで洗いすぎというケースも見られます。あまりに清潔にしすぎる環境も問題を起こしてしまいます。

 

日常生活習慣を変えてお肌をキレイにしていってはいかがでしょうか。

ご予約はお電話でのみ受付092-415-2153診療時間
9:30-13:00 14:30-18:30
(土曜は16:30まで)
受付は終了30分前まで
[ 日・祝日 休診 ]

メールでのお問い合わせはこちら ご予約はお電話でのみ受付

執筆・監修 医師 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内
プロフィールページへ
amazon著者ページ