膝痛、腰痛には丈の長い五本指靴下がお勧めの理由

腰痛や膝痛には足指を伸ばして姿勢の歪みをとっていくことが大切です。そのために足指ストレッチの「ゆびのば体操」をお勧めしています。実は、足腰の不調を改善するために、足指だけでなくもう一つ大切なことがあるんです。それが「かかと」。踵の向きによって体のバランスも変わってくるんです。アンクルタイプの靴下よりも丈が長い方が体の安定が生まれます。今回は、踵と体のバランスについての話です。

ゆびのばソックスはレギュラーがお勧め 丈の長さに意味がある

今井院長がバランステストをお伝えいたしました

2018年10月8日にアクロス福岡でセミナーを行いました。「ソックスアドバイザーセミナー:補講(スペシャルクラス)」が初開催となりました。

今回は様々な地方から、様々な職種の方にお集まりいただきました(^^♪

お集まりいただきました参加者の皆様、本当にありがとうございました。

私は、初めてのネット配信作業で全国各地のアドバイザー様へ対応に追われておりました(^^ゞ

そんな中でも実際の外来での説明の仕方などのロールプレイをご提示することが出来ました。

そんな中で、もちろん今回だけではないのですが、ソックスの長さについてのご質問を良く頂きます。

冒頭でも書いていますが、ゆびのばソックスはレギュラー丈がお勧めです。

今日はソックスの長さの違いについて少し詳しく書いてみたいと思います。

スペシャルクラスについては、今井院長のブログも参考にして下さい。

【申込受付中】3月25日 東京 ソックスアドバイザースペシャルクラス(補講)

足の変形は指だけじゃなく、踵にもある

足の変形と聞くと、あしゆびをイメージしますよね?

  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • 寝指
  • 浮き趾
  • 屈み趾

でも、足の変形はそれだけではないんです。

実は、私が一番注目するポイントは「踵」

踵はあしゆび以上に、変形に気づきにくい箇所だと思います。

ですが、踵もあしゆびと同じくらい大事な役割を持っているんです。

踵の骨、地面に触れ部部はフラットになっています。

踵がまっすぐと地面に着くことによって、リキみなくまっすぐと立つことができます。

ところが診察をしていると踵がズレている方が非常に多いことが分かります。

石田
これは…どげんかせんといかん

あしゆび同様に、カラダに痛みを生む原因になりえますからね。

シッカリとケアしないとダメです!

踵の向きに注目してみると・・・

この画像は下腿と踵の並びを示したものです。

イラストでは右足ですが、下腿と踵(アキレス腱)は一直線に並ぶのが理想ですね。

これがずれてくることによって様々な不調が起こってきます。

画像は右足です。

踵がまっすぐに向いている人は、意外に少ないと感じています。

かくいう私も立派にずれています^^;

膝、腰を怪我しているせいもありますが、痛みが出ることも。

バスケットボールの選手になるという目標を諦めたのも、この痛みが原因です。

そして、今はトレーナーとして活動をしていますが、痛みでうまく動けないこともしばしば…。

トレーナーとして姿勢にはかなり気をつけているんですけどね(+_+)

石田
この痛みとは、ずっと付き合っていく必要があるな

と覚悟をしていたのですが、最近はほとんど痛みを感じていません!

石田
なにか生活リズムや習慣を変えたかなぁ

と考えていたら、一つの答えに行きつきました。

 

靴下をアンクルからレギュラーに変えた。

 

これだけです。

トレーニングや食事に変化はないですし、運動習慣に変化もありませんからね。

僕の痛みが出ていない理由は、レギュラーソックスにあると考えられます。

良く今井院長が言っているんです。

いまかず
オレはアンクルはめったにはかない

って。

膝の手術をしている院長はレギュラー丈やロング丈の安定性を実感しているからだったのですね。

ソックスをテーピングとして捉えてみる

ここから写真を使って違いを説明していきます。

足を背中側から撮った写真を並べてみました。

裸足 → アンクル丈 → レギュラー丈の順番です。途中にゆびのば体操はやっていません。

裸足→アンクル→レギュラーの比較

ではなぜアンクル丈からレギュラー丈に変えただけで痛みが出にくくなっているのか。

その理由は上記のとおり、踵のズレが整ってくるからです。

イメージしていただきたいのは、捻挫をした時のテーピングです。

スターアップといって、踵が左右にぶれないように固定する巻き方があります。

水色の部分がスターアップ。

レギュラーは足首より上まで丈がありますから、スターアップと同じような効果があります。

なので、アンクルより安定感が増します。

上の画像では、変化がちょっと分かりにくいと思いますので画像を重ねてみました!

裸足とアンクルの差

裸足とアンクルを重ねた状態。

膝が内側に動いてるのが確認できると思います。

アンクルでもしっかりと足首の角度を修正できていますね!

これはゆびのばソックスのアーチサポーターとしての機能と足指を伸ばす特殊構造から来ています。

アンクル丈でも脚への影響がしっかりとあることが分かります。

次にアンクル丈とレギュラー丈を重ねた画像を提示します。

アンクルとレギュラーの差 膝がより内側に移動している

見ておわかりの通りアンクルよりレギュラーの方が、膝がより内側に動いています!

少しの差に見えますがカラダを動かすことを考えると、これは大きな差になります。

僕の膝や腰の痛みがでなくなった理由は、この小さな差が大きな結果をもたらしたからでしょう。

まずはレギュラー丈を

ゆびのばソックスを始めて履く、また人に薦めたいという場合。

まずはレギュラーをお勧めしているのは、こういう理由からなんです。

僕は自分の実体験から、特にレギュラーを履いて頂きたいと思っています。

ぜひ、お試しあれ(^^♪

投稿者プロフィール

石田力
石田力みらいクリニック 痛みと姿勢の外来担当 フレイル外来トレーナー
・加圧インストラクター

関連記事 こちらもどうぞ!

足指の変形は生活習慣病です 足指と生活習慣病、なんだか結びつきませんよね。 生活習慣病といえば、メタボ、...
ケガの予防には小指ストレッチ スポーツ時のケガを予防したいのなら、足の小指ストレッチがオススメです。 私...
【中止となりました】札幌で息育を極める二日間 9月23・24日... この度の北海道胆振地方でおきました大地震に被災された方々へ心よりお見舞い申し上げ...
県外から2度目のインソール作成にお越し頂きました... 3ヶ月前に初めてインソール作成を担当させていただいたM様、インソールを気に入って...
【中止となりました】札幌パンプスセミナー2018.9.23... この度の北海道胆振地方でおきました大地震に被災された方々へ心よりお見舞い申し上げ...
健康でいたければ鼻呼吸にしなさい 週刊女性自身に口呼吸に関する記事が掲載されました。その第三弾です。 ...
口呼吸を鼻呼吸に矯正する顔の体操と口テープのやり方... 週刊女性自身に口呼吸・口テープに関する記事が掲載されました。 寝る時の口閉...
外見も変えてしまう口呼吸をチェックシートでセルフ判断... 週刊女性自身に口呼吸の話題が載りましたので紹介いたします。 元記事はこちら...
IOC理事へゆびのば(ひろのば)ソックスのプレゼンをしてきました... 7月18日@神戸にて、アジア各国のIOC(国際オリンピック委員会)理事の...
動物の口は不思議がいっぱい 夏休みは動物園で勉強しよう... ハズバンダリートレーニングで注目されている大牟田市動物園で岡崎好秀先生の講演会が...

執筆・監修 医師 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内
プロフィールページへ
amazon著者ページ