靴のサイズを変えて痛みゼロへ!勇気を出して良かったです。

「靴のサイズを変えるのに、すごく勇気が必要でした。」

山歩きが趣味のAさん。

膝の痛みで山歩きは諦めていると仰っていましたが、

身体の調子が良くなってきてから山歩きを再開されました。

「登りは大丈夫だけど、降る時に膝に痛みが出る…頑張りすぎたときは、次のまで膝の痛みが残ってしまう」

とお悩みでした。

もっと楽に歩いて山を楽しんでいただくために、靴のサイズ変更をしていただきました。

Aさん、「私の靴は23.5cm」という思い込みがあったので、なかなかサイズ変更に踏み切れなかったんです。

勇気を出してサイズ変更をしていただいたことで、今では痛みなく山を歩いていらっしゃいます。

以前のAさんのように、長時間歩いていると痛みが出てしまう…

という場合は、靴のサイズを見直してみてください。

痛みと姿勢の外来では、カラダの痛みだけでなく「靴」のご相談も承っております。

もっと元気に歩きたい!という方は、ぜひ私たちにお任せください。

痛みと姿勢の外来(整形内科)

山歩きができた!痛みなく歩くためには…

膝の痛みで「痛みと姿勢の外来」を受診されたAさん。

もともとは山歩きが趣味だったそうです。

平坦な道を歩くだけでも痛みが出るようで、

 

Aさん

山歩きはもう諦めているの。

いろんな山に行ったから悔いはないし。

 

と寂しそうに仰ったのが印象的でした。

受診を重ねるごとに痛みがおさまってきて、ついに山歩きを再開されることに。

 

Aさん

やっぱり山は良いわね。

季節を感じることができるし、身体を動かすと気持ちがいい。

でも…

降る時に膝の痛みが出ちゃって、続けれるか心配。

 

身体の調子が良くなってくると、どんどん新しい目標ができますよね。

山歩きができたので、次は痛みなく歩くことが目標です。

実はAさん、以前にも靴のサイズ変更をご案内したことがあったんです。

Aさん
そんな大きなサイズ履けない!

と却下されました(笑)

気持ちはわかります。

特に女性であれば、大きなサイズを履くことに抵抗がある方が多いですからね…。

正直に言うと、私も心苦しいときはありますが、目の前の患者さんのために心を鬼にしてお伝えしています。

 

石田

Aさん、前にもお伝えしたんですが、靴のサイズ変更しましょう。

せっかく山歩きを再開できたんですから、もっと楽しめるようになって欲しいんです。

 

 

Aさん

…わかりました。

すっごく勇気がいりますけど、変えてみます!

 

靴のサイズを変更していただいて、1ヶ月後

 

Aさん

靴のサイズって大事なのね!

あれから降りでも痛みが出なくなったわよ!

もっと早く変えておけばよかった(笑)

 

と嬉しいお言葉を頂くことができ、やっぱり靴ってだいじな道具なんだと再確認できました。

あなたの身体を支える靴が、あなたの身体を良くも悪くもしてしまいます。

歩くことに不安がある、痛みがあるという方は、Aさんのように足元を見直してみませんか?

たかが靴!ではありません。

靴はあなたの身体を支えるパートナーです。

ぜひ、1足は身体のための靴をご用意ください。

スニーカー・登山靴の選び方

スニーカーや登山靴の選び方は、下記のリンクをご覧ください。

靴ひもで固定することができるスニーカーや登山靴は、縦幅ではなくて横幅(ワイズ)で選ぶようにされてください。

ちなみに…

私の足は実寸で26.4cmですが、履いている靴のサイズは28.5cmです。

足の横幅が広いので、オーバーサイズでないと足指が圧迫されてしまうので…^^;

靴ひもをしっかりと締めていれば、ぶかぶかになることはありません。

むしろ、足指がしっかりと動かせるので気持ちよく歩けます!

【外反母趾予防】靴(スニーカー)は「縦幅」ではなく「横幅」で選ぶこと【ワイズ】

パンプス・ヒールの選び方

パンプスやヒールはスニーカーや登山靴と違い、ジャストサイズを選ぶこと。

詳しくは下記のリンクに書いていますが、パカパカ脱げてしまうのはNGですよ。

縦幅と横幅をちゃんと計ってから選ぶようにされてください。

パンプスやヒールは足が痛くて履けない!パンプス・ヒールの選び方3つのルール

痛みや姿勢、靴のご相談はお任せください

痛みと姿勢の外来では、痛みや姿勢だけでなく、靴のご相談も承っております。

身体を支える土台である「足指」はもちろん大事です。

まずは自分の身体ありきですからね!

その次に道具です。

身体に合わせた道具選びできていますか?

なかなか治らないタコやウオノメ。

靴のせいかもしれません。

長年付き合っている腰痛や膝痛。

靴のせいかもしれません。

あなたの身体に合わせた靴の選び方のご相談は、私たちにお任せください。

痛みと姿勢の外来(整形内科)

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram