痛みと姿勢の外来担当の石田です。加圧トレーニングを初めとして筋トレ指導も行っていますが、フットケアの指導も平行して行っており、外反母趾や内反小趾、猫背など姿勢の問題に対して足元から身体を見ています。

さて、いつも申しておりますが、足指は気が付かないうちに壊されていきます。

外反母趾はヒールやパンプスを履く女性だけにあらわれる症状

…だと考えていませんか?

私もみらいクリニックに入社する前はそう考えていましたが、実はそうではありませんでした。

スニーカーしか履いていない女性でも外反母趾の方が多くいらっしゃいます。

また痛みと姿勢の外来では、男性でも外反母趾になっている方を多く見てきました。

男性でも女性でも、ご自身が外反母趾であるという自覚がない方も多くいらっしゃいます。

足指は痛みが出にくい部位だからこそ、気が付かないうちに壊れていきます。

痛みと姿勢の外来では、足指を守るセルフケアをお伝えしております。

足指が伸びるだけで、痛みや姿勢が変わっていきます。

痛みや姿勢でお悩みの方は、一緒に足元を見直してみませんか?

今回のブログは11月14日(日)にオンラインで行われますフットコーディネーションセミナーの告知も兼ねています。

痛みと姿勢の外来でお伝えしている内容を密度濃くお伝えするセミナーです。ご興味のある方がいらっしゃいましたらぜひご参加下さい

これまでにも様々な職種の方に参加していただきました 特別な資格は不要でどなたでも参加できます。

詳しくはこちらをごらん下さい。

フットコーディネーションセミナー【応用&上級】

目次

外反母趾は女性特有…ではない

MPTリハビリ

外反母趾は女性特有ではありません。

男性でも、靴のサイズを間違えてしまうと外反母趾になってしまいます。

痛みと姿勢の外来では、男性の外反母趾も多く経験しております。

足指は痛みが無いまま変形してしまうこともあるため、ご自身が外反母趾になっていることに気が付いていない方もいらっしゃいます。

ご自身の足の写真を観ていただきながら、足指の状態を説明させていただくと…

A
スニーカーしか履いていないのに?
B
パンプスは履いたことないのに?
C
痛みはないのに?

と、多くの方が驚かれます。

足指に痛みが出ていないから大丈夫…ではありません。

シッカリと末広がりに広がっているか?

それが重要なのです!

本当はヒールも履きたい!でも…

先日、外反母趾の痛みで受診に来られたMさん(20代)。

高校の時から外反母趾の痛みと付き合ってきたそうです。

 

Mさん

外反母趾が酷くならないように、普段はスニーカーしか穿かないようにしている。

最近痛みがでる日も出てきて、将来歩けなくなるかもしれないと思うと不安で…。

 

詳しくお話を聞いてみると、

Mさん
本当はヒールやパンプスも履きたい!

とのこと。

そりゃそうですよね。

オシャレを楽しみたい年齢だと思いますし。

逆に、良くここまで履かずに我慢されたなぁ…と。

今すぐに履けるようになる!

とは言えませんが、パンプスを履けるようにセルフケアから始めていただきます。

ゆびのば体操とゆびのばソックス。

まずはここから。

スニーカーのサイズは合ってる?

スニーカーしか履いていないのに、なぜ外反母趾になるのか?

それは、靴のサイズを間違えているからです。

Mさんの靴を見てみると…

インソールの上に足をのせていただくと、足指もある程度のっているし大丈夫そう!

と見えますよね…^^;

ゆびのば体操とゆびのばソックス後にのせてみると…

趾がピーンと伸びて、足のかたちが明らかに変わっています!

足をインソールにのせてみると…

親指も小指もはみ出てしまっています。

これが、足指が変形する原因なんです。

スニーカーでもサイズを間違えてしまえば、パンプスやヒールのように足指をギューッと圧迫してしまいます。

パンプスやヒールを履いていないから大丈夫!ではありません。

スニーカーでもサイズを間違えてしまえば、気が付かないうちに足指が変形してしまいます。

大事なことなので、もう一度言いますね!

スニーカーでもサイズを間違えてしまえば、気が付かないうちに足指が変形していきます。

原因がわかれば改善できる

Mさん、ご自身の靴のサイズが合っていないことに初めて気が付かれてそうです。

 

Mさん

これじゃぁ、外反母趾になって当然ですね!

でも、原因がわかれば改善すれば良いだけなのでスッキリしました^^

むしろ、ヒール履けそうな気がして嬉しいです♪

 

と、つよい決意に満ちた表情をされていました。

 

そうなんです!

原因さえわかれば、あとは改善するだけ!

そのために必要なことは?

毎日のセルフケアです。

まずはここから始めていきます。

痛みは結果。原因はどこ?

いつも書いておりますが、痛みは結果です。

多くの場合、原因は違う場所に隠れています。

その全てが足指だ!

…と言うつもりはありません。

ですが、いろいろな病院や治療院に通ったけど、なかなか改善しない…

という場合は、目線を変えてみる必要があると考えています。

長年悩んだ膝痛腰痛が、足指の不調から始まっているかもしれません。

痛みと姿勢の外来では足指を伸ばすことで、外反母趾のような足指の変形だけでなく、膝痛腰痛が改善された方を多く経験してきました。

あなたも足指のばしてみませんか?

足指の変形=生活習慣病

足指の変形は、生活習慣病といっても過言ではないと考えています。

毎日の積み重ねで、良くも悪くもなります。

どちらも急に悪くなるものではありませんよね?

だからこそ、毎日のセルフケアが大切なんです!

やり方さえ覚えてしまえば、どなたでも簡単に行うことができます。

それは自分自身の健康を守るだけではありません。

親、家族、友人…etc.

あなたの周りにいる、あなたの大切な人たちを守ることにもつながります。

ぜひ、あなたから健康の輪を広げてみてください。

セルフケアについてお伝えいたします

これまで全国各地で、今井院長と「足育」を伝えてきました。

これからは、オンラインで新しい情報をどんどん発信していきます!

「足育」の基礎基本は変わりませんが、テクニックや知識はどんどん新しくなっていきます。

冒頭にも書いた通り、私は子どもの足を、未来を守るために「足育」を広げていきたいと考えています。

みらいクリニックでみれる患者さまの数には限りがあります。

ぜひ、皆さまのお力をお貸しください。

医療関係者だけでなく、学校の先生、指導者、そして、お父さんお母さんに伝えたい内容となっております。

聞いたその日から使えるテクニック満載です。

子どもだけでなく、大人も元気になる内容となっております!

11月14日画面越しに、皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

フットコーディネーションセミナー【応用&上級】

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram