ストレートネック改善にも「ゆびのば体操」

ゆびのば体操でストレートネックの改善!

みらいクリニックでは命とカラダの土台づくりをお伝えしています。

もちろん痛みと姿勢の外来(旧フットケアセンター)でも同じ使命を持って患者さん方やクライアントさん方と向き合っています。

さて今回は、ストレートネックのお話しです。

悩んでいる方いらっしゃいませんか?首の問題があるからストレートネックになるワケではないんですよ。

では、お伝えして行きます。

指導したのはゆびのば体操だけ!

カメのように首が前に出てませんか?

つらーい首や肩の痛み、ありませんか?

最近、ストレートネックと呼ばれる首の問題を抱えている方が増えてきています。

スマホやパソコンの普及が原因の一つと言われています。

もちろん、スマホやパソコンも原因に違いはありません。

が、もっと根本的な問題が原因になっていることも。

ストレートネックは結果にすぎません。

原因は足元に転がっていることがあります。

 

上の写真の女の子。

ストレートネックに悩んでいました。

最初は、姿勢が悪い、呼吸がしにくい、肩こりがあるなんていろんな症状があったんです。

小学生なんですが、もうすでに中年女性のような悩みを抱えていました。

若いときからかわいそうですね。

 

思い切ってお母さんに連れられて痛みと姿勢の外来を受診したところ、徐々に姿勢が改善してきました。

それに伴って、首こり、肩こりも消えました!

原因はカラダの土台にありました。

そう、まさに足元の問題だったんです。

彼女も自分の体を良くするために私のお伝えした課題を熟してくれました。

首が前に出る理由は姿勢にあった!?

痛みと姿勢の外来にも、ストレートネックの方はいらっしゃいます。

最近では、大人だけでなく小さなお子さんでもストレートネックが非常に多いです。

小学生で肩こりに悩んでいる子も増えています。

その子たちの共通点を挙げてみます。

  1. 猫背
  2. 踵重心
  3. ポカン口(口呼吸)
  4. 歯並びが悪い
  5. 靴のサイズが間違っている

だいたい、みんなこれに当てはまります。

上記のようにストレートネックは結果です。

原因は、足元。

足指が使えていないことが問題なんです。

バランスをとるために首を出す

ストレートネックなどの症状は姿勢反射によるものだと思います。

姿勢反射とは、カラダのバランスととる反射です。

足指が上手く使えずに、踵重心になるとカラダは後ろに傾きます。

そのままだと後ろに倒れてしまうので、頭を前に出したり、おなかを前に出してバランスを取ろうとします。

その結果が、猫背や反り腰です。

猫背の場合は、バランスをとるために頭を前に出しています。

アタマが前に出ているので、無意識のうちにストレートネックになってしまいます。

 

お子さんの姿勢で悩まれているのであれば、足元を見直してあげてください。

その姿勢は、カラダを守るために仕方なく出ているだけかもしれません。

「背筋を伸ばしなさい!」

と怒るのではなく、

「あしゆび伸ばしてみようね」

と言ってあげてください。

あしゆびを伸ばすだけで、姿勢は驚くほど変わります。

ゆびのば体操で土台作り

あしゆびを伸ばすには「ゆびのば体操」が効果的です。

簡単な体操ですので、ケアのためにやってみてください。

詳しいやり方は、下記のリンクへ。

ゆびのば体操で足指を広げて伸ばす

 

ストレートネックなどの姿勢も問題は、足元に原因があることが非常に多いです。

まずは、ゆびのば体操をやってみてください。

また、靴などの問題もありますので不安な方は「痛みと姿勢の外来」を受診されてください。

痛みと姿勢の外来(フットケアセンター 整形内科)

 

2017年9月発売の「はいて歩くだけでやせる魔法のくつした」発売中

ゆびのばソックス(簡易版)が付録についた本が出版されました。この度増刷をすることが出来ました。ありがとうございます。

ぜひあなたの足指をストレッチして、屈み指解消のための助けとして活用して下さい

お求めは書店やインターネットで。

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram