靴選びの基本は○○ができること!

足に合った靴選び、出来ていますか?

デートの時に靴の痛みが気になってそれどころじゃなかった・・・

みらいクリニック「痛みと姿勢の外来」の診療、ゆびのばセミナーや講演会場で必ずと言っていいほど、ご質問をいただくのが「靴選び」です。

女性って本当に靴選びで苦労されていますよね。本当に難しいですね。

「私に合う靴なんて、この世に存在するの??」

なんて思いできゅうくつな靴に足を押しこんでいる方が多いです。

上の写真みたいなデートでも、靴が足に合わなくて、楽しく歩けなかった・・・なんて経験したことある人もいるんじゃないでしょうか。

そうです、外反母趾や足のむくみに悩んでいるあなた!

靴選びを見直してみませんか?

※「痛みと姿勢の外来(旧フットケアセンター)」には、外反母趾以外にも頑固なタコ・魚の目、モートン病、足先のしびれなど色々な症状・病気の方が受診されます。

足のサイズの測り方

靴を選ぶには、まず自分の足の長さを計るところから!

足の長さをちゃんと計ったことはありますか?

恥ずかしながら・・・私はクリニックに来るまで計ったことがありませんでした(+_+)

おそらくほとんどの人が「本当の」足のサイズって知らないと思います。

というとは・・・間違ったサイズの靴をずっと履き続けていたんですね。

そりゃ、膝や腰を痛めますよね^^;

そんな経験から、靴選びの重要性をクリニックでもお伝えしています。

足の長さを計るにはどうしたらいいのか。

石田
みらいクリニックではフットゲージを使って測定しています

フットゲージを使うと正しく計測できます!

これがフットゲージです。foot gaugeと英語で表記します。

靴屋さんで見たことがある人もいらっしゃると思います。

足の内側に合わせて測定します。ゆびのばソックスを履いていますが、裸足で測ります。

まず基本的には足の長さは立って計ります。

つまり立った状態がご自分の足のサイズだと思って下さい。

座った状態だと、足に体重がのらないのでサイズが変わってしまうからです。

 

こうやって計った足の長さを元にサイズを選んでいきましょう。

実寸(実際の足の長さ、裸足です)が「22.2cm」だった場合、スニーカーのサイズは「23.5cm」となります!(大まかに言うとです。メーカーなどでも変わってきますからご注意下さい)

実寸が22.5cmであれば、22.5cm!・・・となりそうですが、23.5cmを選んでください。

この1cmが非常に大きな役割を持っています。

それは後述にて。

スニーカーとパンプスの違い

カワイイですね

女性にとってパンプスやハイヒールをはきこなすってのは一つの夢ですね(^^)

さて、スニーカーとパンプスの一番の違いは何だと思いますか?

私が考える一番の違いは、紐で固定できるかできないかです。

スニーカーは紐で固定できますが、パンプスはできません。

靴の構造自体が違うので、実はサイズ選びの方法も変わってきます。

足の長さ、横幅・・・など、より精密に足を計る必要があります。

 

 

え?

詳しく知りたいですか?

 

 

そんなあなたに朗報です!

なんと、東京にてパンプスセミナーが行われます。

詳細は下記のリンクにて。

パンプスセミナー、ネイザルケアセミナーのお知らせ(東京)

パンプスやヒールもしっかりと選べば、カラダへの負担はかなり抑えられます。

気になる方は是非♪

講師は、働く女性の代表・上野清香先生です。歯科衛生士という仕事の枠を超えていろんな分野で活躍中!

女性だからこその視点で、女性だから分かる足の悩み、パンプスの悩み。

徹底的にお伝えして下さいますよ。

東京は遠いよ!という福岡近郊の方は、「痛みと姿勢の外来」で詳しくお話しさせていただきます。

石田
私は男ですが、女性の気持ちに寄り添います(^^)

基本は「足指パー」

 

赤ちゃんの足はパーなんです!

とにかく、基本はパーができることです!

スニーカーを選ぶときの1cmは足指を動かせるスペースを確保するためです。

オシャレの国、イタリアの女性がヒールやパンプスを選ぶときに大事にしていること。

何だと思います?

 

 

 

 

「足指パーができること」

 

 

 

 

だそうです。

ヒールやパンプスを履いても姿勢が崩れないのは、骨格だけの問題じゃないんです!

考え方が根本的に違うんです。

足指を広げてしっかりと踏ん張っているんですね。

スニーカーも、ヒールやパンプスも、基本は「足指パー」ですよ(^^)

足指パーには矯正五本指靴下の「ゆびのばソックス」もお役に立てます。もちろんゆびのば体操も。

 

ご自分の実際の足長や合う靴のサイズを知りたいという方も「痛みと姿勢の外来」でご相談下さい。

石田
お待ちしております。

関連記事 こちらもどうぞ!

靴のサイズに迷ったらインソールを取り出してください... 自分に合った靴のサイズって分かりにくいですね。今回は、靴選びが少し楽になるお話し...
足裏のタコを削る前にできること。靴ひも、しっかり結んでる?... 足裏にできるタコ、医学用語だと胼胝(べんち)と言います。これに芯ができていたくな...
靴と足を一体化させるインソールセミナー... 靴と足を一体化させるには、靴ひもはもちろんですが、インソールも一人ひとり...
県外から2度目のインソール作成にお越し頂きました... 3ヶ月前に初めてインソール作成を担当させていただいたM様、インソールを気に入って...
足元をキレイに見せるサンダル・パンプス選び... 先日、九州朝日放送様の「サワダデース」にてサンダルの選び方についてお話を...
自分に合ったパンプスで美脚をつくる ... カラダに合ったパンプスを選ぶことができれば、足をキレイに演出することができます。...
外反母趾の痛みは「靴選び」で改善 外反母趾の痛みの多くは靴選びの問題です。ご自身に合った靴選びができれば、驚くほど...
カラダを守る「靴のサイズ」の選び方... 靴のサイズによって、カラダを痛めている方がいらっしゃいます。 あなたは普段...
痛みなく歩ける靴ひも(シューレース)の結び方... 今回は、靴ひもを結ぶことがとてもあなたの体を守るため、姿勢を良くするためにとても...
外反母趾改善は「靴選び」が大事 外反母趾と靴選びについて 外反母趾の改善には、自分の足に合った靴選びが必要です...

執筆・監修 医師 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内

amazon著者ページ