足指を守る・失敗しない靴選び!「ラストの振り」にも要注目

足指を守り、失敗しない靴を選ぶためには「ラストの振り」にも注目してください。

ラストの振りとは、つま先の角度のことを言います。

靴ってかかとからつま先までまっすぐに作られていると思っていませんか?

 

…実はそうでもありません。

 

ラストの振りがキツイものになると、主に足の小指に負担がかかります。

結果として、内反小趾などの変形に繋がります。

足元が不安定になれば、カラダ全体に負担が…。

あなたの足を守るために、ラストの振りの確認をオススメいたします。

ということで、今日はラストの振りについて解説していきます!

気になる方は、ぜひ最後までお付き合いください。

 

基本的な靴選びが気になる方は、下記のブログを読んでみてください。

一生歩ける靴選びしたくないですか?

ラストの振りとは…

ラストの振り

多くの方が初めて耳にする言葉ではないかと思います。

冒頭にも書いた通り、ラストの振りとはつま先の角度のことを言います。

上記の画像を見てください。

アウトソールの踵部分の中心から垂直に線(水色)を引きます。

そして、つま先の中心にも線(赤色)を引きます。

この2つ線が重なるのであれば「ストレート」

完全に真っ直ぐな靴です。

日常的に履く靴であれば、ストレートに近い靴をオススメしております。

では、こちらの靴はいかがでしょうか?

踵の中心線からつま先が外れていますね。

足指でいうと、親指側に曲がっています。

親指側にはゆとりがあるのですが、小指側はギューッと圧迫されていまいます。

その結果として、内反小趾などの足指の変形に繋がること予想されます。

また、小指が使えなくなるとカラダ全体のバランスが崩れてしまいます。

バランスが悪い状態で歩くことで、膝痛や腰痛などに繋がることも…。

角度をつける理由

ここまでの説明だけだと

あなた
じゃぁ、ラストの振りが強い靴は悪い靴だ!

と思いますよね?

でも、そうでもないんです。

靴も道具ですからね。

時と場合によりますし、使い方次第です。

ラストの振りが役に立つのは、スポーツ現場です。

とくに、サッカー、陸上などはラストの振りがあった方がパフォーマンスが出しやすいと考えられます。

サッカーの場合。

サッカーボールを強くけるとき、足指はパーの方が良いでしょうか、グーの方が良いでしょうか?

基本的には、グーの方が強いボールが蹴れます。

かなり強い衝撃を受けるので、グーで固めていないとケガにも繋がります。

陸上の場合。

歩くときもそうですが、走るときも最後は親指で地面をグッと押し込みます。

また、ラストの振りがあるからこそ無意識で親指側に重心を移動させることができます。

これは短距離だけではなく、長距離の靴も同じです。

短距離は長距離に比べてより大きなパワーが必要なため、ラストの振りが強い場合が多いです。

上記のように、スポーツ用の靴の場合はラストの振りが役に立ちます!

しかし、日常生活とスポーツは別物ですよね?

日常生活には、日常生活に適した靴選びが必要だと考えています。

足を守るためにはストレートに近いものを選ぶ

ここまでの内容を踏まえたうえで、みらいクリニックではストレートタイプの靴をオススメしております。

痛みと姿勢の外来では、ニューバランスの990というモデルを使用しております。

990はラストの振りがほとんどないストレートタイプの靴なので、足指の変形を改善するために適した靴であると考えています。

「1000点中、990点の靴を作った」

という通り、足とカラダのことを考えて作られた靴だと思います。

 

痛みと姿勢の外来では、治療の一環として靴作成(靴のサイズ合わせ+インソール作成)を行っております。

靴作成の時はサイズ選びまでこちらがおこないますので、あなたの足にピッタリな靴をご案内いたします。

これまで靴作成を担当させていただいた方からは以下のような嬉しい感想をいただいております。

A
顎関節症で悩んでいたけど、足元だけでなく顎も安定した!
B
これまで履いていた靴よりかなり大きいサイズで心配だったけど、快調です!
C
雲の上を歩いているように足が軽い!
D
足指が自由で心地よいです!

足指を守るためには、サイズだけではなく「ラストの振り」まで意識してくださいね。

靴の相談も受け付けております

自分に合う靴がない!と感じていらっしゃる方は、痛みと姿勢の外来にて靴の相談も承っております。

あなたの足に合う一足を一緒に探してみませんか?

靴はオシャレだけの道具ではなく、カラダを守るための道具でもあります。

私たちのカラダは小さな刺激で良くも悪くもなってしまいます。

靴くらいでカラダが変わるはずがない!と感じる方も多くいらっしゃるとは思います。

ですが、みらいクリニックでは靴で変わった方を多く経験しております。

あなたのツラい腰痛・膝痛の原因は、靴にあるかもしれません。

一度、足元を見直してみませんか?

ご希望の方は、みらいクリニック受付までお電話ください。

 

福岡だけでなく、東京でも「パーソナルトレーニング」「靴と足と姿勢の指導」をおこなっております。

関東圏の方は、こちらをご利用ください。

東京都荒川区にある相田歯科クリニックにて「足と靴と姿勢の指導」「加圧パーソナルトレーニング」を行います

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram