アーチ(土踏まず)を支えるインソールが危険な理由

みらいクリニックでは、アーチ(土踏まず)を強く支えるインソールはお勧めしていません。

アーチ構造には利点と弱点があるからです。

アーチ構造は上からの圧力には非常に強いという利点のおかげで、私達の身体を 支えてくれています。

しかし、アーチ構造は下からの突き上げには非常に弱いと言う弱点があるのです。

ですから、インソールで下から土踏まずを支えてしまうと足の機能を低下させてしまう恐れがあるのです。

また、支えがあることによって筋肉が本来の働きを奪われてしまい、筋力低下を起こしてしまいます。

自分の身体を、自分の力で支えるためにもインソールはフラットなものをお勧めしております。

みらいクリニックで作成するインソールは、フラットで踵をしっかりと安定させるインソールです。

インソールでお困りの方は、ぜひお試しください。

アーチ構造の弱点

アーチ構造には、下からの突き上げに弱いという弱点があります。

しかし、一般的なインソールは、土踏まずを支えるような構造となっているものが非常に多いのが現状です。

痛みと姿勢の外来で、日々多くの方の靴とインソールを拝見させていただいておりますが、インソールによって身体を痛めていらっしゃる方もいらっしゃいます。

インソールは靴と足を一体化させる上で、欠かせない道具の一つです。最近では、安価なインソールも多くあり、簡単に手に入れる事ができます。

ですが、その多くはアーチを支えるような突き上げがあるものがほとんどです。

アーチ構造は、上からの圧力には非常に強いので、体重を支えるため土踏まずを支えようとしているのだと思いますが、それが逆効果になる場合もあります。

歩かずに、立っているだけであれば、支えがあったほうが身体は安定します。

ですが、皆さんは靴を履いて何をされますか?

歩きますよね?

下からの突き上げがある場合、動きの中でアーチ構造が壊されてしまうのです。

そして、それによって足の指の筋力に低下につながってしまいます。

アーチを形作るのは足指の筋力

私達の足のアーチ構造は、足指の筋力によって形作られています。

つまり、足指の力が低下するとアーチ構造が崩れてしまい扁平足になってしまいます。

残念ながら、筋肉はご自身の意思で筋肉を動かさないかぎり強くなることはありません。

それどころか、動かさずにいるとすぐに弱くなってしまいます。

インソールでアーチを支えてしまうと、足指の筋力を使わずに維持ができてしまいます。

その状態が長く続くと、足の指の筋肉はこう思うはずです。

筋肉
あ、俺が働かなくても維持できてるやん!

そうなると自分の力で、自分の身体を支える事ができなくなってしまいます。

身体がきついときに道具に頼ることが悪いとは思いません。 それが必要な時もあります。

ですが、怖いのはその道具がないと生きていけないと言うような依存状態になってしまう事です。

 

以前、トレーナーとしてダイエット指導をさせていただいたFさん。

彼女
夏までにウエスト周りを細くして水着が着たい

とご依頼をいただきました。ご自身なりに努力はしているのになかなか結果が出ずに困っていると。

どんな努力をされているのか聞いてみると、意外すぎる答えが返ってきました…

彼女
細く見えるように毎日コルセットを巻いています

正直、言葉が出ませんでした(笑)

息苦しいのを我慢して、コルセットを巻いているという意味なんだと思いますが、それは努力ではないですよね?

インソールと同じで、コルセットがお腹を絞ってくれているから、筋肉がサボってしまうんです。

ちなみにこのFさん、コルセットをやめて呼吸の練習を行っただけでウエスト周りが引き締まりました。

つまり、太っていたのではなくサボっていただけなんです。

 

これはウエストの筋肉だけのお話ではありません。足指の筋肉も、動かさないことには強くならないのです。

足指を正しく使うためにも、インソールはフラットなものを選んでください。

痛みなく歩くために

みらいクリニックで作成しているインソールは、踵を支えることを第一に考えています。

基本的には、歩くときは踵から着地しますよね。その踵が、地面に対して斜めになってしまうと足指を使う事が難しくなってしまうからです。

(足指の問題は、ゆびのば体操とゆびのばソックスで調えていることが前提となります)

まっすぐと地面に接地できるように、一人一人の足を細かくチェックしながら、手作業で作成しています。

インソールでお困りの方は、ぜひみらいクリニックのインソールをお試しください。

※インソールの作成には、靴のサイズがあっている事が条件となります。靴のサイズがあっていない場合は、インソール作成ができないこともございますのでご了承くださいませ。

※一人一人の足の状態を確認してから作成に移りますので、痛みと姿勢の外来の受診をお願いしております。

靴のオーダーメイドインソール作成

関連記事 こちらもどうぞ!

今話題の「AKA博田法」と「ゆびのば体操」で膝の動きが改善!... TBS系列「THE名医の太鼓判」で「AKA博田法」が紹介されていました。今井院長...
健口と健康 趾科と歯科 コラボセミナー... コラボセミナーのご案内 日程:2017年12月23日 開演:10:00 ...
姿勢が良いと人生得することがあります... 姿勢が悪いと損をする?! 正しい姿勢はどれ? 痛みと姿勢の外来には、イ...
一生歩ける靴選びしたくないですか?... あなたはきちんと靴選びできてますか? カラダを守るための靴選びをお伝えします...
【5/19】顔から下半身をすっきりさせる【ゆびのばbeautyセミナー】... 5/19ゆびのばbeautyセミナー第一部と第二部、上野清香先生のカリキ...
辛いむくみの原因は「足の小指」と「お尻」... みらいクリニック痛みと姿勢の外来にて、人の足元、足指を観察させていただいている石...
5/19ゆびのばbeautyセミナー~むくみを上から、下からやっつける~... 「冷え」や「むくみ」ってつらいですよね。 ひどすぎるとシビレまで出てきたり...
ダウン症の娘の外反母趾が足指伸ばしで改善!歩くのが早くなり転ばなくなった... 今回も足指のばしのお話しです。 いつもいろんな症状が改善することをお伝えし...
スポーツ成績向上には足指から!!ゴルファー向け「ゆびのばセミナー」... 山口県山口市嘉川にある、ゴルフ工房カッパーワークスさまにて、ゴルファー向け「ゆび...
スクワットで腰や膝を痛めてしまう方は、スクワットの前に足指ストレッチ... スクワットで膝や腰を痛めてしまう方は、トレーニング前の準備運動に足指のストレッチ...

執筆・監修 医師 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ