足指を伸ばして「苦痛」だった正座が「楽しみ」になりました。

腰と股関節の痛みで相談に来ていただいたKさん。

足指を伸ばしたことで腰や股関節の痛みがほとんど出なくなっただけでなく、諦めていた正座ができるように!

それまでは「苦痛」でしかなかった正座が、今では「楽しみ」に変わったと笑顔で教えてくださいました。

足指へのアプローチだけではなく、関節の動きを調えたりもしましたが、月に一回のカウンセリングのみですからね。

私がKさんを「変えた」のではなく、Kさんが努力して「変わった」んです。

カラダを変えたいと言う方は、みらいクリニックへご相談ください。

福岡だけでなく東京都荒川区にある相田歯科・耳鼻科クリニックでも、カウンセリングを行っています。

関東圏の方はこちらもご利用ください。

東京都荒川区にある相田歯科クリニックにて「足と靴と姿勢の指導」を行います

足指を伸ばしたら正座ができた

彼女
正座はもう諦めてます。

そう仰っていたKさん。

腰と股関節の痛みの改善のためにご相談にいらっしゃいました。

長年痛みと付き合ってきたからか、歩き方も少しぎこちなく不安定さが見てとれました。

彼女
正座ができるようになるなんて思っていない。とにかく当たり前に歩いたり生活ができるようになりたい。

試しに正座の格好を見せていただくと、膝が曲がらずにお知りが浮いてしまう・・・。

痛みから苦悶の表情を浮かべているKさんをみて、僕も正座は難しいだろうなぁと考えていました。

石田
腰と股関節の動きを安定させるためにも、ゆびのば体操とゆびのばソックスを頑張ってくださいね!

ひとまず、正座ではなく腰と股関節の改善をめざして足指のケアを頑張っていただきました。

そして、半年後・・・

足指をのばして腰痛や股関節痛がおさまっただけでなく、諦めていた正座ができるようになりました!

彼女
足指をのばして矯正用の靴下を履いただけなのに・・・信じられません!

ですよね、最初は僕も信じられませんでした(笑)

このように変化する方を、みらいクリニックで多く目にしてきました。

カラダの土台である足指をケアすることは、カラダだけでなく命のケアに繋がるんだ・・・と改めて感じました。

カラダのお悩みを諦める前に、まずは足指をのばしてみませんか?

カラダは繋がっている

なぜ、足指をのばすだけで腰や股関節の痛みが改善するのか?

ビルや家などをイメージしていただくと理解しやすくなると思います。

どんなに強い素材で建物を作っても、基礎・基盤が不安定だとすぐに倒れてしまいますよね?

私たちが歩いたり走ったりするときにかかる負担を、建物で例えると地震です。

基礎・基盤がしっかりしていないと、建物はすぐに崩れてしまいます。

崩れた建物を建て直すより、倒れないように基礎・基盤を固めることのほうが簡単です。

私たちのカラダも治療よりケアのほうが簡単。

もちろん、今ある痛みを改善するために足指をのばすことも大事です。

ですが、カラダの痛みや不調を出さないためにケアとして足指をのばしておくことも同じくらい大事なことです。

今、痛みがないから大丈夫

多くの方がこう思っていらっしゃるのではないでしょうか?

ご飯を食べた後に歯を磨くことと同じように考えてみてください。

虫歯がないから歯磨きしなくても大丈夫

とはならないはずです。

ぜひ、ご自身のためにカラダの不調や痛みが出る前から、ケアとして足指のばし【指のば体操】を行ってください。

足とカラダのご相談の窓口

カラダのことを相談したいけど、福岡や東京は遠くていけない

そんな方も中にはいらっしゃいますよね・・・。

ご安心ください。

日本全国に、みらいクリニックの今井院長が認定した「足のスペシャリスト:フットコーディネーター」の方々がいらっしゃいます。

下記のリンクに、フットコーディネーターさんの一覧がございます。ぜひ、お近くのフットコーディネーターさんを探してみてください。

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram