健口と健康 趾科と歯科 コラボセミナー

コラボセミナーのご案内

日程:2017年12月23日

開演:10:00 開場9:30

終了:15:00

場所:都久志会館(福岡市天神)

講師:近藤 剛史先生(タカサゴデンタルオフィス院長)

今井 一彰先生(みらいクリニック院長)

 

カラダの土台を考えてみる

土台が安定していないと・・・

みらいクリニックでは、「カラダの土台」「命の入り口」から健康を考えています。

今井院長が普段から仰っていますが

今井院長
食べることと、歩くことが出来れば人生は幸せ
本当にその通りだと思います。

自分の足で行きたいところへ行ける。

食べたいものが食べれる。

当たり前のようにできていることが、できなくなったとしたら・・・?

私自身、ケガで大好きなバスケットボールができなくなった時期があります。

小さなころから、当たり前のようにやってきたバスケットボール。

息をすることと同じくらい、僕の生活の一部でした。

それができない。

こんなに苦しいとは思っていませんでした。

本当に、息ができないくらい苦しかったです・・・。

その当たり前を支えてくれている「足」のことを、あなたはどれくらい知っていますか?

今すでに痛みに苦しんでいる方もいらっしゃると思います。

その痛み、「足」からきているかも知れません。

諦める前に、「足」のお話を聞いてみたくありませんか?

命の入り口 スポーツ歯科の立場から

スポーツ歯科の近藤先生

健康を考えるうえで、口の話を外すことはできません。

今井院長
生きることは、「息」ること
ですからね。

そして、口の問題はカラダを動かす能力にも影響を与えています。

私たちにそれを教えてくださったのは

タカサゴデンタルオフィス院長で、

九州スポーツ医歯学研究所の代表理事でもあられる、

近藤剛史(こんどう ごうし)先生。

近藤先生は、スポーツ歯科の草分けでもいらっしゃって、色々なスポーツに通じておられます。

 

ところでカラダを動かす時、口の中では何が起こっているのか?

歯は食いしばっているのか、顎の位置はどうなっているのか。

安全にスポーツを行うにはどうすれば良いのか

プロ選手のパフォーマンスが落ちているとき、何が起こっているのか?

などなど今年の7月に近藤先生にみらいクリニックで、とても詳しく、面白い講義をしていただききました(^^♪

そのお話は、スポーツだけに留まらず、生きることにも直結しています。

近藤先生と今井院長がタッグを組むのは必然だったのでは・・・?

そう思えるお二人です(笑)

※近藤先生パートは、すこし専門的になりますので医療職の人を対象に、有料のセミナーとなります。

いのちの土台 趾科の立場から

歯も足も姿勢に大きな影響を与えています。

趾は「あしゆび」と読みますね。歯科と趾科、どちらも「シカ」と呼びます。

そうです、今回は「シカ」セミナーなんです。

今井院長のパートは、足指の大切さについて、足育の専門家として立場から一般の方にも分かりやすく講演をしていただきます。

ところで姿勢は、カラダのバランスを表しています。

そして、そのバランスは「口」と「足」から大きな影響を受けています

みらいクリニックでは、足からのアプローチで姿勢の問題に対処しています。

不思議なことに、姿勢が変わると痛みも変わります。

歯科の先生方にお話をお伺いしたら、

歯科医
口が変わると姿勢も変わる
と同じことを仰っていました(^^♪

しかし、悲しいことに歯も足もあまり見向きされません・・・。

だからこそ、今回のセミナーは皆さんに聴いていただきたいです。

詳細は以下の通りです。

コラボセミナーのご案内

日程:2017年12月23日(祝日)

場所:都久志会館(福岡市天神)

講師:近藤 剛史(タカサゴデンタルオフィス院長)

今井 一彰(みらいクリニック院長)

お申し込みはこちらから。

投稿者プロフィール

石田力
石田力痛みと姿勢の外来担当 フレイル外来トレーナー
・JHCA認定フィジカルコンディショナー
・加圧インストラクター

今井院長が開発した矯正5本指ソックス

スポーツや外反母趾の矯正、ひざ・腰の痛みに効果的。足指袋の特殊な構造により変形した足指をきちんと伸ばしていく「ゆびのばソックス」通販『ゆびのば.com 』