フレイル外来

フレイルとは

フレイル外来では、痛みや麻痺などによる足腰の不調を治療します。
40歳を過ぎると筋肉が減るスピードは一年で1%、10年経つと1割。
筋肉を維持することは、命を維持することです。

老いの問題は自分だけの問題ではありません 今井院長も日々アンチフレイルしています

フレイルとはもともと「frailty(フレイルティー)」弱さ・虚弱という意味の英語で、欧米では既に20年程前から、医療現場で使われている言葉です。

加齢などにより、身体の機能が落ちている状態を指しています。厚生労働省の資料では「加齢とともに心身の活力(例えば筋力や認知機能)が低下し生活機能障害、要介護状態そして死亡などの危険性が高くなった状態」となっています。

さらに、フレイルには「色々な取り組みでまた元気な生活を取り戻す(しかるべき介入により再び健常な状態に戻る)」と言う意味も含まれています。

健康的に、そして元気に年齢を重ねるため、フレイル予防を生活に取り入れていくことが大切です。

フレイルチェック

フレイルチェックをやってみよう

フレイル(虚弱状態)なんてまだまだ自分に関係ないよという人もいれば、そういえば最近ちょっと体が弱った気がすると自覚のある人もいるかも知れません。

ここでフレイルチェックをやってみましょう。

  1. 体重減少

  2. 疲れやすくなった

  3. 筋力の低下

  4. 歩くのが遅くなった

  5. 身体の活動性の低下

さていかがでしょうか。

以上の項目に3つ以上当てはまるとフレイルの疑いがあります。

男女とも50代を過ぎると徐々に心身の衰えを感じるようです。

三つのフレイル

いつまでも自分の体を思い通りに動かせるように

フレイルと一言に言っても様々な分野にその影響はわたります。

まず思い浮かぶのが筋力の低下や食欲の低下そして栄養状態が低下していく身体的フレイルと言われる状態です。

そして意欲が低下する判断力や認知能力が低下してしまう精神的フレイルと言われる状態。

さらに外出することができなくなったりして閉じこもり引きこもり孤独などの社会的フレイルと三つの側面を持ちます。

この三つはそれぞれ深く繋がっています。
まず足腰が弱ってしまった時の事を考えてみましょう。
出かけることが億劫になると人と会わなくなり会話が少なくなってしまいます。
あまり動かなくなると外出しようという意欲がなくなってしまいます。
そして家から出ず、引きこもりなどになって行ってしまいます。

身体的フレイルが精神的フレイルそして社会的フレイルを引き起こしてしまいます。

ご自分でできるフレイル予防

フレイルは予防可能です

三つのフレイルで説明したように、フレイルとは身体的な機能が落ちるだけではなく、口腔内、精神面などの機能低下も指しています。

フレイル対策の一つとして、みらいクリニックでは「あいうべ体操」「ゆびのば体操」を推奨しています。「あいうべ体操」「ゆびのば体操」も身体的な機能を高めてくれます。

まず「あいうべ体操」は、口腔フレイル(オーラルフレイル)対策です。
味覚の減退、唾液の減少、食事のムセや咳き込み、入れ歯が合わないなどの食事がきちんと摂れない状態は、身体的フレイルに直結します。

「ゆびのば体操」は 元気に歩く、転倒しない足作りです。身体的フレイルの中でも、ロコモティブシンドローム(ロコモ、下半身の筋力低下により介護状態を生じてしまう)対策に最適です。足指を優しく伸ばして、広げるだけで歩きやすくなったり、転倒が減ったりします。

フレイル外来の診察・治療方針

長年関節治療に携わってきた経験を生かします

内科医でありながら関節の動きや運動に詳しい今井院長の指導のもと、専門のトレーナーが個人に合わせた運動プログラムをご提供しています。医師と運動指導士の2つの目線で、より安全により効果的な運動プログラムを作成いたします。フレイル予防、健康維持のためには日々の運動が必要です。

関節に負担の少ない「加圧トレーニング」を行うこともできますので、リウマチや脳卒中後の麻痺などの後遺症でお困りの方でも安心してカラダを動かすことができます。

 

症例1:孫が抱っこできるようになりました。

脳性マヒ 坐骨神経痛 女性 60代  SEさん

仕事を退職してから、体力がどんどん落ちていき身体の不調が出てくるようになりました。
不調が出るたびに整骨院や整体などに行っていましたが、なかなか良くならず・・・

「身体を鍛える」ことの大切さをフレイル外来に通い運動を通して気づくことができました。こんな私でも身体を鍛えられるんだと勇気が湧きました。

病気で足腰が弱く、重たいものを持つことがあまりできなかったのですが、最近、孫を抱っこすることができて、感動しました。当たり前にできることがが、できない事が多いのですが、そのぶん抱っこできた際は本当に嬉しかったです。

今でもサボってしまうことはありますが、教えていただいたゆびのば体操や運動、ストレッチを自宅でやっています。

 

症例2:病気になったことで身体を大切にするようになりました

関節リウマチ 女性 51歳 OY様

40代半ばに関節リウマチになり関節痛に苦しむ毎日でした。

それから薬を使わずに、あいうべ体操や口テープなど、生活の中でのちょっとした取り組みでリウマチの症状が良くなっていきとても驚きました。診察を受けていなかったら気づけないことがたくさんありましたし、身体を大切にしない、と思えました。

帰りに受付の方から、「加圧トレーニング」をしてみませんか?と言われ、なんとなくですが、運動も初めて見たところ、短期間で筋力がつき身体が変わっていくことも実感できました。関節リウマチの私でも、身体を鍛える必要性を教えてくださったトレーナーの方に感謝です。

今でも痛みがでることもありますが、病気になったことで、身体を大切にしようと思えるようになりなりました。ありがとうございます。

症例3:通勤時間が1/3になりました。

脳卒中後遺症40代 男性 K様

脳出血の後遺症で、左半身に麻痺があり思うように動かせず、苦しんでいました。

フレイル外来で加圧トレーニングを週に二回30分程度の短時間続けました。

リハビリをしなきゃと思っていましたが、働いているので時間も取れません。

短時間で仕事終わりに取り組めるのも助かりました。

3ヶ月続けたところ、膝が曲がるようになり30分かかっていた徒歩での通勤が10分になりました。ただただ驚くだけです。

今の目標はトレーナーとマヒ側の手でハイタッチをすること。脳出血後遺症と諦めていましたが今は希望を持って生活しています。

私たちにお任せ下さい

いつまでも自分の体を思い通りに動かせるように

フレイルは日々のちょっとした運動で予防することができます。
まずはできることから始めてみませんか?
とはいうものの、

「何から始めたらいいのか分からない」

「いろいろな持病があり運動することに不安がある」

「トレーニング施設で病気のために断られてしまった」

という方もいらっしゃるかと思います。
当院のフレイル外来はそのような方のニーズにもお応えできます。
運動を諦める前に一度ご相談いただければ幸いです。

※フレイル外来は予約が必要です
※疾患によっては自費診療となります

今井院長が開発した矯正5本指ソックス

スポーツや外反母趾の矯正、ひざ・腰の痛みに効果的。足指袋の特殊な構造により変形した足指をきちんと伸ばしていく「ゆびのばソックス」通販『ゆびのば.com 』