IOC理事へゆびのば(ひろのば)ソックスのプレゼンをしてきました

7月18日@神戸にて、アジア各国のIOC(国際オリンピック委員会)理事の方々に、ゆびのば(ひろのば)ソックスのプレゼンをしてきました。

モントリオールオリンピックの金メダリストで、「新潟大学名誉教授」「国際大学スポーツ連盟理事」であられる五十嵐久人先生の計らいで、このような機会をいただくことができました。

五十嵐先生がひどい腰痛に長年苦しんでおられるということで、「ゆびのばソックス」を履いていただいたんです。5分歩くだけでも強い痛みにおそわれていたのに、翌日には60分も痛みなく歩くことができたようです!(当日も颯爽と歩かれていました)

五十嵐先生
これは是非、世界中の友人に伝えたい

ということで、神戸で行われていたIOCのミーティング前にプレゼン時間を頂くことになったのですが、問題は英語です(笑)

10年以上使っていない英語。日本語ですら、うまく喋れていないですからね^^;

いつものように緊張で体調を崩したのは言うまでもありません(笑)

しかし、ストレスは成長の種です。この経験でなにか得ればいいのです。

と自分に言い聞かせてカタカナ英語でお話をさせていただきました。

日本だけでなく、世界的にみても足指をしっかりと考えている人は少ないようで、こちらが予想していた以上に、皆さん前のめりで話を聞いてくださいました。

とくに小指のズレ、内反小趾や寝指については皆さんショックを受けておられました。

足指からカラダのバランスを崩すこと、運動のパフォーマンスが低下することをお伝えすると、元アスリートの各国の理事たちの目が鋭くなってきました。カラダの変化、パフォーマンスアップなどへのアンテナの高さがうかがえました!

皆さんの意識が足指に向いてきたところで、いつも通りデモンストレーションを。

まずは、ご自身がはいてこられていた靴下のままバランスチェック。靴下の上からでもわかる内反小趾がありましたからね、バランスが取れるわけもなくフラフラされてました。

つぎに、矯正力に関する特許を取得しているゆびのばソックスを履いた状態でバランスチェック。横からグーッと押しても、バシッと安定してました!

靴下を履くだけで、バランスが取れたこと、小指がまっすぐと伸びたことに驚かれていました!

wow! My little finger is spread!!

このリアクションは各国共通だなぁと感じてます(笑)

ゆびのば(ひろのば)ソックスで足指を広げて伸ばすことは、ドーピングではないですからね。安心して履いてください。

元の体の能力を引き出しているんです。

カラダが持っている本来の力が発揮できるようになるだけです。

 

私の経験ですが、靴下を履いている状態ではジャンプの高さが変わります。

ゆびのば(ひろのば)ソックスを履いていない状態では、バスケットボールのリングに触れるくらいですが、ソックスを履いた状態ではリングを掴めるくらいになります。

だいたい15cmくらいは高さがアップしてます。

今回、改めて感じたのは足指を見ていないのは日本だけではないということですね。

やはり皆さん同じように、靴、靴下によってカラダを痛めています。

健康だけでなく、スポーツの現場でも同じことが言えます。私はスポーツトレーナーなので、バランス力アップの為に体幹トレーニングやコーディネーショントレーニングの指導も行いますが、それは土台ができていることが前提です。

土台が安定していないと、せっかく鍛えた筋肉もチカラを発揮することができません。

難しいトレーニングは必要ありません。まずはシッカリとした、カラダを守ってくれる道具を選びましょう。

靴下も靴も選び方があります。

 

最後になりましたが、このような機会を与えてくださった五十嵐先生に、心より感謝いたします。

投稿者プロフィール

石田力
石田力みらいクリニック 痛みと姿勢の外来担当 フレイル外来トレーナー
・加圧インストラクター

関連記事 こちらもどうぞ!

2段飛びができた&足底筋膜炎が改善... あいうべえほんはあいうべ体操を子ども達に分かりやすく伝えることができる絵本です。...
靴のサイズに迷ったらインソールを取り出してください... 自分に合った靴のサイズって分かりにくいですね。今回は、靴選びが少し楽になるお話し...
棺おけ足?? どうしたらいいの 棺おけ足とは足指の変形で最も多い「内反小趾」に加えて「外反母趾」が加わった状態で...
アーチ(土踏まず)を支えるインソールが危険な理由... みらいクリニックでは、アーチ(土踏まず)を強く支えるインソールはお勧めしていませ...
足裏のタコを削る前にできること。靴ひも、しっかり結んでる?... 足裏にできるタコ、医学用語だと胼胝(べんち)と言います。これに芯ができていたくな...
末広がり型と開張足について 「足腰が20歳若返る、足指のばし」を発売しました。ありがたいことに全国でよく売れ...
11月の講演 金沢・山口・大阪・石垣 11月の講演の予定をお知らせいたします。 各地のお問い合わせは、チラシ掲載...
スクワットで腰や膝を痛めてしまう方は、スクワットの前に足指ストレッチ... スクワットで膝や腰を痛めてしまう方は、トレーニング前の準備運動に足指のストレッチ...
世界一受けたい授業のご視聴ありがとうございます... みなさん信じられますか? 足の指を広げるストレッチをするだけで、79歳のお...
世界一受けたい授業(日テレ、10月27日)に出演。足指ストレッチで吉本実憂さんが72キロの男性(私、... みらいクリニックの今井一彰です。10月27日(土)に日本テレビ系列で放送される「...

執筆・監修 医師 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター

みらいクリニック(内科・アレルギー科・リウマチ科)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-31駅東サンシティビル6F
tel : 092-415-2153
クリニック案内
プロフィールページへ
amazon著者ページ