【サイズ選び】甥っ子、涙の訴え【子供の成長は早い】

石田
うわっ、この服入らんくなっとるやん!

3歳になった息子の成長速度におどろきの毎日です。

去年までブカブカだった服が、パツパツになったり…。

とくに、衣替えの時に息子の成長を実感します。

 

カラダが大きくなっているということは、足も大きくなっているということです。

もちろん、急に大きくなるわけではなくて、日々すこしずつ成長しています。

いつもお伝えしていますが、子どもの靴は季節ごとにサイズチェックを!

子どもの健やかな成長を守るために、サイズチェックはマストだと考えています。

甥っ子からの学び

私には息子と同じ年の甥っ子がいます。

息子もめちゃくちゃ可愛いですけど、甥っ子も同じくらい可愛いです^^

その甥っ子が、お出かけ中の車内でこう言いだしたんです。

甥っ子
…足が痛い。

そう言って、シクシク泣いちゃって…。

もう大人たちは大慌て。

ママ
どこかにぶつけたの?
じぃじ
いつから痛くなっちゃったの?
石田
痛いところ指させる?

そういうと靴を指さしました。

 

石田

靴ちっちゃいんじゃないの?

いつから履いてるの?

 

彼女
あ、半年くらいは履いてるかも…。

何時もブログを読んでいただいている方は、もうお気づきですよね。

そうです…。

靴のサイズが合っていなかったんです。

甥っ子もお出かけの時は、ゆびのばキッズ履いてます。

いつも元気に走り回っていて、痛い素振りなんて一度も見せませんでした。

話を聞いてみると、実はちょっと前から痛いときがあったそうです。

 

受診に来られる子どもさんも同じですね。

ちょっと前から違和感を感じていたとしても、痛みを訴えることはあまりありません。

そもそも、それが痛みなのか何なのか…

本人がわかっていないことがあります。

また、病院が好きな子どもって、あまりいませんよね?

 

子ども

痛いって言うと、病院に連れていかれるかもしれない…

よし、黙っておこう。

 

多少の痛みであれば、そう思ってしまうかもしれません。

僕が小さなころは、そう考えてましたし^^;

子どもは自分で道具を選べません。

だからこそ、僕たち親がただしい靴の選び方を知っておかないといけません。

 

ちなみに…

足の痛みでシクシク泣いてしまった甥っ子。

すぐに新しい靴を買ってもらっていました。

痛みなく歩けるのが嬉しかったようで

甥っ子
ねぇ、みて!あたらしい靴だよ!

とニコニコ顔で自慢してくれました(笑)

やっぱり、子どもはニコニコ笑顔が一番。

子どもの靴の選び方&履き方

子どもの靴の選び方も、基本的には大人と変わりません。

靴選び・サイズ選びについては、下記に詳しく書いております。

併せてチェックしていただけますと幸いです。

姿勢や歩き方は靴で決まる?!みらクリ流の靴の選び方!

【外反母趾予防】靴(スニーカー)は「縦幅」ではなく「横幅」で選ぶこと【ワイズ】

上記の通り、子どもの靴でも基本的には、横幅に合わせることをオススメしています。

なので、折り返しタイプの布テープでしっかりと固定をしないとダメ。

どのくらい締めるのか?

それは下記を参考にされてください。

みらいクリニックが行っている無料セミナー「ゆびのば異業種交流会」で説明をした時の映像です。

布テープはシッカリと締める!

この日、たまたま息子がクリニックにきていたので皆さんに見ていただくことができました^^

このくらいシッカリと固定します。

ゆびのばキッズを履いていても、靴選びやサイズ選びが完璧でも…

使い方を間違ってしまうと、あまり効果はありません。

キュッと締めるだけですから、ぜひチェレンジしてみてください。

生活習慣は親から学ぶ

子どもは親の行動をよく見てますよね。

ちょっとしたクセ、言葉づかい、行動って、親に似てきませんか?

靴の履き方も親がいちばんの見本となります。

ちゃんとキュッと締めなさい!

と子どもに言ったとしても、僕たち親がやってなかったらどうでしょう。

子どもはやらないと思います。

もしくは…怒られるから仕方なく、イヤイヤするか。

これでは、ダメなんです。

子ども
パパもママもしてないのに、なんで僕だけしないといけないの?

と感じるはずです。

子どもの成長を守るために、まずは僕たち親が正しい靴の履き方を見せてあげないといけません。

靴ひもを締めるのにかかる時間は、2-3分だと思います。

その2-3分で子供の成長が守れるとしたら?

やるしかないですよね。

 

子どもの健やかな成長を守るために、難しいことをしないといけない!という訳ではありません。

カラダが大きくなったら、服のサイズも変わりますよね?

90から100、100から110…というように、どんどん大きくなっていきます。

洋服は10cm単位ですが、靴は0.5cm単位ですよね。

ということは、服よりも頻繁にサイズ変更しないといけない!ということです。

季節ごとのサイズチェックだけでも良いので、取り入れてみてください。

 

  • 転倒しやすくなった
  • 歩くのを嫌がる
  • 痛みを訴える
  • 外で遊ぶのを嫌がる…etc.

もしかしたら、靴のサイズが合っていないサインかもしれません。

子どもが出しているサインを見逃さないように。

子どもの足・姿勢・靴選びなどのご相談はこちら

痛みと姿勢の外来では、子どもの足・姿勢・靴選びなどのご相談も受けております。

お悩みのことがございましたら、ぜひ一度受診にお越しください。

子どものためにできることを、一緒に探していきます。

痛みと姿勢の外来(整形内科)

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram