今話題の「AKA博田法」と「ゆびのば体操」で膝の動きが改善!

TBS系列「THE名医の太鼓判」で「AKA博田法」が紹介されていました。今井院長は、AKA医学会に所属しているときは指導医資格を持っていました。

頑固な腰痛治療として名高いAKA博田法と足指のばしの「ゆびのば体操」ですが、どちらも膝や腰の動きを改善するのにとても有効と考えます。。

みらいクリニックでも関節運動学的アプローチを治療のひとつとして取り入れていますが、それだけでなく必ず足指のケアもお伝えいたしています。腰や膝の動きの改善をするのであれば、カラダを支える足指の働きを調える必要があるからです。

そもそも、本来ひとつの方向にしか動かない膝関節は、事故などの外傷以外では痛みにくい、非常に安定感のある関節です。関節は年齢のせいで痛みが出る・・・と言うこともありません(笑)

痛みが出るような原因がどこかにあるんです。その多くが、AKA博田法で有名な「仙腸関節」と「足指」に隠されていることが多いのです。

お膝の動きや痛みにお悩みの方は、カラダの土台(足指)と要(腰)から見直してみることも必要かもしれません。

また仙腸関節炎がなぜ起こるのか、その再発を防止するためには何が出来るのかを考えていくと体の土台、足指の問題に行き着きます。

膝関節の特徴

骨盤のイラスト

膝関節は、一方方向にしか動かない、とても安定感のある関節です。

安定感があるので、事故などの外傷以外では痛みにくいと言われています。

そうは言っても、あなたの周りには「膝が痛い、わるい」という方がいらっしゃいませんか?

もしかしたら、これを読んでいるあなた自身の膝に痛みがあるかもしれません。

彼女
事故や外傷はないのに痛みがあるのはなぜ?
石田が言っていることは間違っている!

と思う方もいらっしゃるかもしれません。なので、僕なりに膝の痛みについて解説をしたいと思います。

 

膝の痛みを考えるには、股関節と足首の動きを知っておく必要があります。

上記のとおり、膝関節はとても安定した関節ですが、痛めている方が多いのも事実です。

なぜ膝が痛むのかというと、股関節と足首という不安定な関節に挟まれているからです。

股関節や足首は、膝に比べるといろんな方向に動きますよね?動きが大きいということは、それだけ不安定ともいえるのです。

彼女
不安定であれば、股関節や足首がいたむんじゃないの?
石田
動きが大きいので位置が多少ズレてしまっても、動きの範囲内であればカバーできてしまうんです。
彼女
痛みがおきないのなら良くない?というか、膝と関係なくない?

確かに、股関節と膝を別々に考えると関係なさそうですよね?

ただ、私たちのカラダは全て繋がっています。一見、関係がなさそうな部分であっても互いに関りあっています。

 

仙腸関節の炎症などによって股関節の動きが悪くなってしまったり、足指の変形によって足首の動きが悪くなってしまったとします。

その動きの悪さや捻じれは、膝関節の位置もズラしてしまいます。

一方方向にしか動くことのできない膝関節は、股関節や足首のように柔軟にはできていませんので、多少のズレであっても痛みを発しやすいのです。

気づかずに1時間歩いてました

みらいクリニックは「内科・アレルギー科・リウマチ科」なのですが、腰痛や膝痛で受診される方が多くいらっしゃいます。痛みでうまく歩けずに、杖をついてお越しになる方も。

今ではとてもお元気でスクワットが日課のTさんも、初めてお会いしたときには杖をついていらっしゃいました。

今井院長が関節の動き診断すると、

今井院長
仙腸関節と足指の動きが悪い

とのこと。

上記のとおり、仙腸関節と足指の動きが悪くなってしまうと、膝の動きが抑制されて痛みに繋がってしまいます。

膝・腰・肩の痛みで弱気になることも増えていたようで、このまま動けなくなるんじゃないか…と心配な毎日だったそうです。特に膝の痛みがつらくて、歩きたくないとのこと。

杖のイラスト

最初は「歩かない」で済むのですが、動かない時間が増えるにつれて、筋肉量は減っていきます。そして、いつの間にか「歩けない」状態になってしまうんです。

そうなる前に、まずは歩ける状態に戻りましょう!ということで、ゆびのば体操を頑張っていただき、2週間に1回のペースで関節の動きを調えていきました。

少しずつ動きが良くなるにつれてTさんに変化が出てきました。

これまで絶対に手放さなかった杖を、クリニックに忘れて帰られたんです(笑)

石田
杖忘れてますよー

とお電話すると

Tさん
あー、気がつかずにお買い物してました(笑)

クリニックを出られてから1時間以上は経っていたのですが、痛みなく歩き回っていたそうです。

 

Tさんは無事に「歩きたくない」という状態を通り過ぎて、今ではスクワットが日課となっています。

膝の痛みはほとんど出ることも無い様で、かつての趣味だったガーデニングに精を出されているそうです。

Tさんを拝見させていただくことで、痛みなく歩けるって本当に幸せなことだと、私も再認識させて頂けました。

注意すべきこと

魔法のような変化を実感することができる「関節運動学的アプローチ」と「ゆびのば体操」ですが、注意すべきこともあります。

多くの方が効果を実感して喜んでいただけるのですが、その場でよくなっているわけではありません!

関節の動きは良くなっているのですが、筋肉の炎症などが治まっているわけではありません。

くれぐれも動きすぎに注意が必要です。

歩くくらいであれば大丈夫ですが、激しい運動は控えてくださいね。私はこれで痛い目を見ました…(笑)

安静が大事なときもありますよね。

 

くりかえす膝痛や腰痛などでお悩みのあなた!

仙腸関節の動きは大丈夫ですか?

足指はしっかりと伸びていますか?

「やばい!」と思ったあなたは、みらいクリニックの「痛みと姿勢の外来」へお越しください。

痛みと姿勢の外来(整形内科)

 

「ちょっと福岡は遠い…」と思ったあなた!

東京都荒川区にある「相田歯科・耳鼻科・内科クリニック」にて、月に一度カウンセリングを行っております。

ぜひ、そちらもご利用くださいませ。詳しくは下記のリンクまで。

東京都荒川区にある相田歯科クリニックにて「足と靴と姿勢の指導」を行います

執筆・監修 内科医 今井一彰プロフィール

今井 一彰
みらいクリニック院長
内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック開業
加圧トレーニングスペシャルインストラクター
クリニック案内
amazon著者ページ
今井院長facebook
今井院長Twitter
今井院長Instagram