鼻うがい

鼻うがいについて

ここでは、鼻のセルフケアとして代表的な鼻うがいについて説明します。

鼻うがいは怖そう、痛そう、つらそう…

なんて声も届きますが、一度やってみるとまったくそんなことないことが分かると思います。

実は、鼻に水が入った時つーんと痛いのは水と鼻水の「浸透圧」が違うからです。鼻水は痛くありません。

そうです、鼻の洗浄液を鼻水と同じような塩分濃度にすればまったく痛くありません。

人間の体液は塩分濃度0.9%です。

鼻水も涙も塩分濃度0.9%。

これと同じにすれば良いのですから簡単です。これを生理食塩水といいます。

100ccの水に0.9gの塩を入れるだけ。

ちょっとなめてみるとかすかに塩っぱいかなと言う感じがする程度です。これが洗浄液です。

鼻うがいでは重曹を加えた方が線毛の働きが落ちないとされていますから、少し重曹をいれても良いでしょう。

用意するもの

水 1リットル、食塩9g、重曹0.5g

水 100cc、食塩0.9g、重曹0.05g

でOK。

もちろん専用の鼻うがいキットを使うのが楽ですが、自分でも作れます。

上咽頭まで洗浄できるお勧めの鼻うがいキットはこちらです。

認定NPO法人日本病巣疾患研究会では、鼻うがいを推奨していますのでこちらのポスターを参考になさって下さい。

またヨミドクターにて今井院長が解説したものもありますので、合わせてご参考下さい。

新型コロナウイルス、治療に鼻うがい?

花粉症にも効く、鼻うがいとツボ押し 鼻呼吸で「人生が変わった」

鼻うがいは入り口近くをすすぐ程度でも大丈夫

鼻は微粒子をこし取る機能に優れており、鼻の中だけでほとんどの花粉をこしていると言われています。口呼吸では、この機能がありませんから、汚れた空気をそのまま肺に送り込んでしまうのです。

なんと、鼻は自動洗浄機能まで持っているのですが、黄砂、PM2.5やマイクロプラスチックなどの微粒子も飛び交う現状では、鼻に負担をかけ過ぎないよう、小さなゴミやチリを定期的に洗い流すことも大切です。PM2.5くらい小さな粒子になってしまうと鼻で全てをこし取ることが出来なくなってしまいます。

鼻うがいは、商品化されたキットを使うのが安全でお勧めです。まれに中耳炎を引き起す可能性があるからと、推奨しない医師もいるようですが、今回の方法なら大丈夫です。

鼻は空気の出入り口、外気に一番近い鼻の穴の近くが一番汚れます。このあたりだけ鼻うがいして、奥まで洗浄液を入れなくてもよい場合もあります。

鼻の入り口をすすぐ程度です。

洗浄液を上記のようにつくり(真水は痛みを生じるため使用しません、また作り置きなどをせず、その都度調整して作るようにします)、慣れないうちは、「あー」と声を出しながら洗浄液を鼻に入れていきます。

痛くありませんし、お子さんにもできまよ。鼻の穴から少し奥に入る程度で大丈夫です。

慣れてきたら、片方の鼻から入れて片方の鼻から出るようにすると、さらに鼻の奥の汚れが取れます。

ただ、やり過ぎは鼻水中のムチンなどの大切な保湿成分まで洗い流してしまいますから、1日2回程度までにしておきます。

なれてきたら鼻の穴から鼻の穴へ

いろんな空気中の異物は鼻の入り口で大半が濃し取られるので鼻うがいが恐い人は入り口を洗うだけでもOKですが、上咽頭部を洗うには片方の鼻から洗浄液をいれて、反対の鼻の穴から出てくるようにするのがよいですね。

やり方は動画を参考にして下さい。

こちらの動画は、上咽頭部(鼻咽腔)をしっかりと洗えてるのが分かるものです。

口から洗浄液が流れ出してしまうと(ダメではないですが、上咽頭部は洗えてイナと考えて下さい)。

ちょっとした洗浄液の角度で変わりますから練習が少し必要かも知れません(すぐ出来ますよ)

鼻うがいのエビデンスや禁忌について

鼻うがいの禁忌疾患は

  • 急性中耳炎
  • 浸出性中耳炎
  • 声帯麻痺
  • 誤嚥を起こしやすい人
  • 膿性鼻汁の多い人

です。

これらの方でどうしてもしたいと言う人は、鼻の入り口だけ洗って下さい。

時々「医師に相談したら”やっちゃダメ”と言われたけどどうすればいいですか」と相談されます。

強く洗浄液を鼻の中へ注入しなければ、まずは心配ありません。

繰り返しになりますが、心配な場合は鼻の入り口だけを洗浄して下さい。

私は、むしろ鼻うがいを避ける方がリスクが高いとも考えています。

鼻うがいのエビデンス

鼻うがいのエビデンスをすこしご紹介しましょう。

  • 家庭医のほとんどが鼻うがいを推奨、上気道感染症に対して抗生物質を投与する前に鼻うがいを勧める※文献

急性・慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、気管支炎に対して推奨、妊婦にも勧める

 

  • 副鼻腔炎患者の鼻うがいは、抗生物質の使用量を減らす※文献文献

毎日セルフケアとして行うことで生活の質も改善します。

 

  • 妊婦の季節性アレルギー性鼻炎が改善※文献

妊婦さんはあまり薬を使いたくありませんよね。6週間鼻うがいすると統計的に有意に薬の使用量が減ります。

 

  • 周術期のCOVID-19(SARS-cov-2 新型コロナウイルス)防衛のために鼻腔、口腔の除菌を(※ 文献

これはポピドンヨード(イソジン)で洗浄しています

 

  • 鼻うがいは粘膜の線毛活動を改善、復活させる(※文献

線毛は異物を排除するのにとても大切。鼻うがいでこの機能が保たれます。