HOME > リウマチ外来

リウマチ外来について


リウマチ外来について(予約制)



初めに(必ずお読み下さい)


 当院のリウマチ外来は、おそらく皆さんが想像されておられるものと違います。薬をやめていきたい、自分自身の身体を自分自身の力で良くしたいという方のみ読み進めてください。現在受けている治療に満足している方は、その治療を継続することをお勧めいたします。

 みらいクリニックは、検査数値を見て、薬を処方する、そのような画一的な治療は行っておりません。お一人お一人に努力していただくこともたくさんあります。簡単なことでも努力をしたくない、という方は受診をお勧めいたしません。


当院のリウマチ外来の特徴


 当院は、開院以来なるべく薬を使わない、残された機能を出来るだけ温存させていく治療をしています。これまで数々の症例において、服薬剤の減量を、あるいは中止を成功させてきました。

 関節リウマチの治療は、生物学的製剤の登場により劇的に変化しました。しかし、福音がもたらされた一方で、思わぬ副作用で苦しんだり、経済的な負担に悩まねばならない事態が生じたことも事実です。さらに、薬剤に対するアレルギー症状、アナフィラキシー(ショック)などで生物学的製剤が使えない方々は、従来通りの治療しか出来ていないのが現状です。

 現在飲んでいる薬剤を、これからずっと服用し続けた状態を想像してみてください。どれほどの量になるでしょうか。また、通院し続けることによる、経済的さらには、時間的損失はいかばかりになるでしょうか。

 もちろん、これから医療の発達により、治療法が変わっていく可能性がありますが、基本は病気にならない身体作りです。これは、安心を得るために一番良い方法です。

 身体の使い方を正していくと、多くの病気は薬を使わずに治っていくものです。関節リウマチとても同じだと考えています。

 また歯性根管病巣、歯周病が病気の悪化の原因として、一役買っていることがあります。その際は、提携する歯科医院(中島歯科)にて、歯科検診を行います。病気が起こっている身体の部位と、原因となっている身体の部位は違う、こういうスタンスで治療に当たっています。


対象疾患(関節リウマチ、膠原病一般、自己免疫疾患)


 関節リウマチ、若年性リウマチ、リウマチ性多発筋痛症など
 関節痛・筋肉痛をともなう膠原病

 原因のわからない関節の痛みや腫れ、筋肉痛

 関節リウマチが心配で一度検査を受けてみたい方など

 潰瘍性大腸炎、クローン病などの自己免疫性疾患

 シェーグレン症候群、多発筋炎/皮膚炎など膠原病一般

 長期にわたり微熱が続くなど


診察・治療方針


 現在治療中の方は、それらの薬剤をまず減量していく方法を指導します。生活習慣の改善が基本です。ステロイド剤、リウマトレックスをはじめとするDMARDS(抗リウマチ薬)、NSAIDS(非ステロイド系鎮痛剤)が処方されますが、もちろんこれらの薬剤も減らしていくことが可能です。ただし、治療に当たっては、必要最小限の処方をすることがあります。


くれぐれも現在服用している薬を、急に中止することはやめてください。一つは、ステロイド剤では離脱症状をひき起こす可能性があること、そして、やめたとたんに痛みが増してしまうと、「やはり薬が必要なんだ」という思いを強化させてしまうことになるからです。

 生活指導としては、当院の基本治療方針である、「べろ」と「足指」を伸ばすことが関節リウマチでにおいても重要になります。例えば、ステロイド剤の副作用である、骨粗鬆症は、骨折のリスク因子のうち、15%程度しかありません。痛みから来る運動不足や薬剤の副作用による骨粗鬆症を、治療するためにさらに処方薬が増えてしまいます。そして、それで出来るリスク回避は、微々たるものです。

 転倒しないようにすることですが、具体的な方法を指導された経験はおありでしょうか。手すりを付けたり、バリアフリーにすることも大切ですが、自宅や公共施設のみでは不十分です。誰しも、転倒したくてするのではありません。十分に気をつけていても、転倒してしまうのが現実です。それでは、具体的に転倒しないためには、どのようにすればいいのかを指導されなければ、気をつけることも出来ません。「転ばないように注意して」このことだけを言われて、具体的に行動できる人がいるでしょうか。むしろ、「転んではいけない」と心と体の緊張をもたらされ、体の動きが悪くなってしまうこともあります。 


受診間隔など


 2〜4週間に一度。遠方の場合は、さらに長くなる場合があります。

 きちんと治療を行えば、速い方で1ヶ月目から、遅い方でも3ヶ月で薬を減らすことができます。痛みを我慢して、耐えて薬をやめていくのではありません。患者さんの中には、プレドニン(ステロイド剤)を、自分で少量削って、ちょっとずつ服薬量を減らしていく方もいます。

 しかし、減らす方法を行っていなければ、痛みを我慢しながらということになってしまいます。我慢、忍耐をしてやめるのではありません。やめたときよりも、元気に、健やかになって行くことができると思います。


最後に


 薬をやめて元気になる、ちょっと逆説的に思えるかもしれませんが、実際に受診した方々から多くいただく感想です。あなたも、薬によって引き出せていない、自分自身の隠れた力を引き出して、そして痛みから解放されませんか。



診療日・時間のご案内

診療カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
11 12 13 14 15 16 17
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
29 30 31

【休診日のお知らせ】
1月21日(土)休診
2月9日(木)午後休診
2月10日(金)17時まで
(16:30受付終了)

診療日は 火曜〜土曜
日曜・月曜・祝祭日は休診日です。
 
 

診療時間のご案内

 
午前の受付  9:30〜12:30
午後の受付 14:30〜18:00
     (土曜は16:00まで)
 
一般外来受診の方は
火曜〜金曜日 にお越し下さい。
(受付:9:30〜18:00
※下記の表をご参照下さい
 

午前 休診 休診 ×

午後

16:00〜

×

※木曜日の午後に受診ご希望の方は、事前にお電話にてお問い合わせ下さい。

スタッフブログ

今井院長のブログ

トレーナー石田のブログ

トレーナー助供のブログ